高配当を誘い文句に出資金をだまし取られたとして、川崎市内の母娘が、カレーチェーン「バルチックカレー」を運営していた「バルチック・システム」(解散)などに損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、東京地裁であった。

 布施雄士裁判官は「出資金を運用した事実はなく、投資名目で金をだまし取った」として、請求通り計約1億7800万円の支払いを命じた。同社は2月、金融商品取引法違反(無登録)容疑で警視庁の捜索を受けている。

 判決によると、同社は2006年8月、「カレーチェーンを中国で事業展開する。オリンピックや万博があるから間違いなく成功する」などと出資を勧誘。母娘は計1億6250万円を出資したが、配当は132万円だった。

犬繁殖業者 狂犬病予防法違反容疑などで逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
長妻厚労相名で日医に提言求める文書(医療介護CBニュース)
ルーズベルト大統領 手紙初公開 日露戦争の戦況分析(毎日新聞)
低気圧、北海道の東へ=暴風、大雪に警戒を-気象庁(時事通信)
台所20平方m焼き1歳次男死亡・長男も重体(読売新聞)