財政難から08年9月に診療を休止した千葉県銚子市前宿町の同市立総合病院が6日、名称を「銚子市立病院」と改め、診療を再開した。休止前は医師・看護師約185人、病床数276の総合病院だったが、内科医3人と看護師3人による内科診療のみの再スタートとなった。今年度末までに外科、整形外科、小児科を加えた医師7人体制とし、入院受け入れも再開する予定。

 同病院を巡っては、診療休止を決めた岡野俊昭前市長に対する解職請求(リコール)が09年3月の住民投票で成立。同5月の出直し市長選で岡野氏を含む6人が立候補し、病院再開を公約とする元市長の野平匡邦氏が返り咲くなど混乱が続いていた。【武田良敬】

【関連ニュース】
銚子市立病院:1年7カ月ぶり再開 6日から外来 /千葉
旧銚子市立総合病院:「来月1日に再開」 6日から内科外来も /千葉

偽シャネル製品販売目的所持の会社社長ら逮捕 515万円売り上げ 警視庁(産経新聞)
鮮やかな紫色…カキツバタ見ごろ 大田神社(産経新聞)
パロマ有罪「公正な判決に感謝」と涙の母(読売新聞)
<ハウステンボス>ペット同伴OK 15日から1匹500円(毎日新聞)
着服金返すため、再び着服の疑い 元総務部長逮捕(産経新聞)