YahooとYoutubeでみる芸能ニュース

YahooニュースとYoutubeから芸能ニュースを紹介していきます。

2011年09月

[] - <SKE48松井玲奈>“ギャル”初挑戦で役作りに苦労も「成長感じる」

「<SKE48松井玲奈>“ギャル”初挑戦で役作りに苦労も「成長感じる」」


 名古屋・栄を中心に活動するアイドルグループ「SKE48」の松井玲奈さん(20)主演のケータイドラマ「オシャレに恋したシンデレラ~おかりえが夢を叶えるまで~」が10月1日から携帯専用放送局「BeeTV」で配信される。清純派から一転、つけまつげやウィッグで初めて“ギャル”に変身し、アパレルブランド「Ank Rouge」(アンクルージュ)ディレクターの「おかりえ」を熱演している。子どものころから歌や芝居の仕事以外は「全く想像できなかった」という松井さんにドラマのことや今後の活動のこと、“大先輩”にあたる国生さゆりさん(44)との共演エピソードなどを聞いた。(毎日新聞デジタル)

 松井さんは、実在するカリスマギャルブロガーのおかりえさん(21)をモデルにした主人公・おかりえを演じる。ドラマはおかりえさんが迷ったり、悩んだりしながらも大人気ブロガー、読者モデル、アパレルブランドのディレクターとして、一歩ずつ夢をかなえていった実話を基にしたシンデレラストーリー。映画「デトロイト・メタル・シティ」(08年)や「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」(10年)で知られる李闘士男さんが監督が務め、松井さんのほか国生さんをはじめ、斉藤祥太さん、波瑠さん、宇梶剛士さん、お笑いコンビ「アリtoキリギリス」の石塚義之さん、西村和彦さんらが出演する。

 今回のドラマの話を聞いたときの感想を聞いてみると「一番にすごくびっくりした」という。「キャラクター自体も普段の自分とは全然印象が違ったり、何よりも演じるおかりえさんが実在する方で、今もまさに活躍中の方だってことが大変なことだと思ってびっくりしました。おかりえさんに100%なるのは無理だし、おかりえさんのファンの方からしたらあり得ない部分とか違う部分は絶対出てくるから、ドラマの中ではお互いの真ん中の部分を作っていこうと監督と話し合いました」と李監督とのやりとりを明かした。

 役作りについても「おかりえさんのブログを読んだり、載っている雑誌をチェックしたりして勉強しました。撮影が始まってからはとにかく明るく元気で何にもめげないってことを心がけて演じています。私自身根本的に明るい子ではないので、監督から『落ち着き過ぎ』って言われちゃって」と笑う。「明るく『ハイッ』って返事をしたつもりでも『落ち着いて見える』と言われたりとか、お辞儀をしても『可愛げがない』って言われたり……。どうしたら明るく返事ができるんだろう、とかどうしたら可愛くお辞儀ができるんだろうとか研究したりしました」と悩みながらも「今回のドラマは体験しているすべてが初めてで楽しい。成長していると感じます。一つのポイントになる作品だと最初から感じています」と確かな手応えを感じている様子。

 SKE48のメンバーにはドラマの話は特にしなかったといい「(おかりえさんが読者モデルとして活躍する女性ファッション誌の)『Popteen(ポップティーン)』を持っているところを見られたときに『何でポップティーンを持っているの?』とびっくりされて。思わず『勉強です』って答えちゃいました(笑い)」というエピソードも話してくれた。ちなみに松井さんが普段読んでいるのは「ノンノ」(集英社)や「Zipper」(祥伝社)だそうだ。

 ドラマは「洋服で人を幸せにする」ことが夢の松井さん演じるおかりえが悩みながらも周りの人を巻き込みながら一歩一歩、着実に夢に向かって歩んでいく姿が丁寧にそして生き生きと描かれ、見たあと「明日も頑張ろう」と元気になる作品に仕上がっている。SKE48としても女優としても活躍中の松井さんだが、「仕事を通じて実現させたい夢」「仕事をしていてうれしいこと」を聞いてみた。

 「子どものころから漠然と、自分が普通の仕事、例えばお店で働くというような姿は想像できなくて、お芝居したり表現したりすることをしたいなと思っていた」と話す。「本当に好きなこと、歌って踊ったりお芝居をしている中で、それを見て応援してくださっている方から『元気になった』とか言ってもらえるとうれしいし、自分が頑張っていることで誰かのエネルギーになれているのもうれしい。これからも自分やSKE48の活動を見て元気になってもらえる人が一人でも多くなってほしいなと思います」と語った。女優として活躍したいという思いも人一倍強いらしく「自分の中での目標は自分にしかできない役者になること。いろいろな現場で体験していく中で、やっぱりまだまだだなって思うこともあるので、今では少しでも多くの人に成長を認めてもらえるようにしたいです」と真剣な表情で語った。

 ドラマでカリスマスタイリスト兼高朝子を演じた元「おニャン子クラブ」の国生さんとの共演エピソードを聞いてみると「大先輩なのでドキドキしていたんですが、気さくな方で撮影のたびに声を掛けていただきました。私がどうしてもひっかかるせりふがあって、言葉が出てこなかったときに公園での撮影だったんですが、国生さんに『地面にひっかかる言葉を書いちゃいなよ』って言われて。本番にその通りにやったらすごくすんなり(せりふが)言えるようになって」とニッコリ。「(国生さんからは撮影は)リラックスすることが大切だからそういう方法を見つけていかないとダメだよ」とアドバイスを受けたという。ほかにもりえの高校時代の先輩でりえのルームメート・斉藤麻耶役の波瑠さん(20)についても「『セブンティーン』で見てて憧れていたので共演できると聞いたときはうれしかったです」といい「撮影の待ち時間にいろいろなバンドの話をしたり、テレビ番組の話をしたりおしゃべりして楽しかったです」とすっかり打ち解けた様子だった。

 最後に見どころを聞くと「おかりえという一人の女の子が真剣に自分の夢に向かって頑張っている姿を描いている作品なので、頑張ることのすてきさを見た方に感じてもらって、『自分も頑張ろう』と思っていただけたらうれしいです」と笑顔でアピールした。

 ケータイドラマ「オシャレに恋したシンデレラ~おかりえが夢を叶えるまで~」は10月1日から1話10分を毎週水曜日更新。全14話。NTTドコモの携帯電話でiモードではiMenuの動画から、スマートフォンはドコモマーケットから動画を選択し、「BeeTV」にアクセスして視聴できる。月額315円で全番組見放題。また、特別編「おかりえのコレ要Check★」と題し、おかりえさんがドラマに登場したファッションのポイントを動画で紹介する番組も同時配信する。

 <プロフィル>

 1991年7月27日生まれ。愛知県出身。アイドルグループ「SKE48」チームSのメンバー。08年の「SKE48 チームS 1st Stage『PARTYが始まるよ』」公演で選抜メンバーとしてデビュー。今年6月に行われた「第3回選抜総選挙」ではSKE48メンバーの中では最高位の第10位にランクインした。「マジすか学園」(10年、テレビ東京系)でドラマデビュー。「新あなたの知らない世界」(11年、日本テレビ系)の「罪と罠」でドラマ初主演を務めた。「初めてハマったポップカルチャー」は中学生のときにたまたま曲を聴いた4人組ロックバンド「BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)」。お気に入りの曲は「ラフ・メイカー」で「歌詞がすてきだなと思った」のだそう。


(この記事はまんたんウェブから引用させて頂きました)



[芸能] - ガキ 芸能界仁義なき犬猿の戦い①

「ガキ 芸能界仁義なき犬猿の戦い①」





[] - 上野樹里、笑顔で大河クランクアップ

「上野樹里、笑顔で大河クランクアップ」


 女優・上野樹里が30日、東京・渋谷のNHKで主演する大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(日曜、後8・00)のスタジオ収録を打ち上げ、共演の水川あさみ、向井理とともに会見した。

 両手に抱えきれないほどの花束を贈られた上野は「これじゃあ、人生を卒業していく人だよ~」とおどけてみせた。1年以上にわたったスタジオでの撮影を振り返り「まだ終わったという実感はないけど、すべてがいい1年でした」とさわやかな笑顔で“クランクアップ”した。


(この記事はデイリースポーツから引用させて頂きました)



[芸能] - リッスン? ~Live 4 Life~ 110712 河西智美 2/6

「リッスン? ~Live 4 Life~ 110712 河西智美 2/6」





[] - <神戸市>“大河特需”見込み「清盛隊」を結成 「KOBE de清盛 2012」をPR

「<神戸市>“大河特需”見込み「清盛隊」を結成 「KOBE de清盛 2012」をPR」


 来年放送のNHK大河ドラマ「平清盛」に向け、神戸市は29日、観光事業「KOBE de清盛 2012」のPRと観光客のおもてなしを行うキャラバン隊「神戸・清盛隊」を結成し、神戸市中央区の市役所でお披露目式を行った。矢田立郎市長は、“清盛隊のゴッドファーザー”平忠盛の扮装(ふんそう)姿で登場し、「『KOBE de清盛 2012』を大いにPRし、全国の皆さんに知ってもらえるよう、頑張ってほしい」とエールを送り、清盛隊棟梁の“平清盛”に旗印を手渡した。

 平清盛は、現在の神戸市の福原に都を移したほか、神戸市兵庫区の能福寺に現在も清盛の墓「平清盛公墓処」が存在するなど同市にゆかりが深いことから、同市は大河ドラマ「平清盛」の放送に合わせて全国から観光客の誘致と、観光振興および経済活性化をはかろうと「KOBE de清盛 2012」を企画。平清盛と神戸の歴史を学べる特設会場「ドラマ館」「歴史館」を市内に特設し、12年1月21日~13年1月14日に市内各地で開催される。

 「清盛隊」は、平清盛を中心に清盛の長男・重盛、3男・宗盛、4男・知盛、5男・重衡、清盛のおい・敦盛の6人と、オリジナルキャラクターで年齢・性別不明というGIONの計7人で構成。メンバーは8月に行われたオーディションで選出され、これまでダンスや、神戸と清盛の歴史、言葉遣い、所作などのトレーニングを受けてきた。10月1日からイベントやテレビなどに出演して同事業をPRし、メンバーによるブログで活動報告を行う。12年1月21日からは「歴史館」で土日にライブを開催するほか、同所で観光案内や観光客との写真撮影などの“おもてなし”活動を展開する。

 お披露目式で清盛は、「我ら『神戸・清盛隊』は、清盛の夢の地・福原、現神戸市に多くの観光客のみなさまをお迎えし、おもてなしをさせていただくことを使命とし、神戸市内並びに全国各地へ“出陣”。PR活動に励む所存にございます。“みなみなさま”におかれましては、なにとぞ、応援のほどよろしくお願いいたします」とあいさつ。そのほかのメンバーも自己紹介を行い、宗盛が「神戸・清盛隊、イケメン担当」とあいさつすると観客はこの日一番の盛り上がりを見せた。

 「清盛隊」は早速10月8日に岡山市で行われる祭り「おかやま桃太郎まつり2011」への“出陣”を予定している。(毎日新聞デジタル)


(この記事はまんたんウェブから引用させて頂きました)



記事検索
プロフィール

s0x0aika

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ