12歳の文学賞ブログ すごいぞ、日本の小学生

小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」スタッフが綴ります。最近は主に http://jinsei-ichinen.ldblog.jp/ へ移行しています。

ブログを移設しました。→サバティカル編集者のブログ

『12歳の文学』がAppleの選ぶ【iBooks Best of 2015 】に選ばれました

小学生限定の新人公募文学賞「12歳の文学賞」から生まれた
『12歳の文学』の電子書籍が
Appleが選ぶiTunesの【iBooks Best of 2015 】に選出されました!



僕が編集に直接関わった電子書籍ではないのですが、
自分が立ち上げた企画から生まれたものが、Appleに選んでもらえたというのは、本当に嬉しいです。

立ち上げたのが2006年、
(立ち上げ時の記者会見の模様はこちらです。
上戸彩、「私が読んで賞をあげちゃう!」 | ORICON STYLE )
上戸彩12歳3

それから2010年の第五回募集まで担当して、以降は担当を譲りました。
なので、結構長らく「12歳の文学賞」からは離れているわけですが、
腹を痛めて生み育てた子は、手を離れた後も可愛いものです。


12歳の文学賞も、めでたく10歳になりました。

そんな記念の年に、Appleが選ぶ「ベスト」に選ばれるというのは光栄なことです。
iBooks Best of 2015・pic05756

(個人的には、10周年よりも、12周年こそ大事と思っていますが。
なにしろ、「12歳」の文学賞なので^_^ )


■紙の本の出版を熱望する声も

その一方で、第九回受賞作から、紙の本として出版されなくなったことを悲しむ声もありました。

Twitterでブレイクして、タレントとしても活躍している
はるかぜちゃん、こと春名風花さん(@harukazechan
の一連のツイート(2015年3月29日)です。

12歳の文学賞のことにとどまらず、
子どもの創作力、表現、といったことを考える際においても、非常に示唆に富む内容なので、
以下に引用させてもらいます。

ふうかことはるかぜちゃんが楽しみにしている『12歳の文学賞』の本が、今年は紙の本ではなく、電子書籍になるそうです。たぶん紙の本は、昔ほど売れないからじゃないのかな


12歳の文学賞は、本や、書くことが好きな子どもたちのための賞です。そして、彼らの中には、電子書籍を閲覧できない環境にある子もたくさんいると思います。

いくら時代が進んで、みんながネットを使うようになったとは言っても、すべての家にスマホやパソコンがあるわけではありません。


電子化でたくさんの人に気軽に読んでもらえるようになるのはいいけど、肝心の子どもたちは電子化で本を読めなくなる事の方が多いと思います。
なぜならまだネットは子どもにとって危険なモノとされていて、教育に関心の高いおうちほど、子どもにパソコンやスマホを自由に使わせる頻度が低いからです。


パソコンを使わせてもらえても、親の目の前で「親と一緒に閲覧すること」をルールにしていたり。
わたしのまわりだけかもしれないけれど、本が好きなおうちは子どもの目に触れる文章にも敏感で、悪いものも良いものも入り乱れるネットを、子どもの目から遠ざけていることが多いな、と感じます。


そうでなくても、親の目の前でする読書はつまらない。本は1人で、1人の部屋で、いつでも手に取って読めるのが楽しいに決まってる。本が好きな子どもにとって、自由に自分の部屋で、人目や、時間を気にせず読めるのは、やっぱり紙の本なのです。


それに往々にして想像・創造は、満たされた環境より、『何か足りない環境』から生まれるもの。パソコンやスマホを持たない子の中に、よいものを書く子もたくさんいるんじゃないかな


■小学生が物語を書く価値

そして、ここから、
「小学生が物語を書く」
ということの価値、
そして、「その物語を受け取る子どもたち」
にとっての意義について綴られていきます。

小学生のころ12歳の文学賞をみて、とてもわたしはあんなの書けない!とショックも受けたけれど、心を動かすものを書くのに年齢は関係ないんだなとか、今のわたしたちだからこそ書けるモノや見える世界があるのだから、自分もなるべく今の気持ちを書き残したいなとか、いろいろな事を考えました


わたしが『はるかぜちゃんのしっぽ(ω)』を出した時、ただの子どもの日常のツイートを本にしてもらうのはとっても恥ずかしかったけれど、秀れた文章ではなくても、10歳の今しか見えない景色を形にしておくのもいいかなと思い、引き受けました。


結果、中学生になった今、読み返すと恥ずかしいことばかりで、読むと顔が大火事になるんだけれど、それでもやはり『この感じ方や真っ直ぐな気持ち、ものの見方は、今の自分には絶対にない。』と、小さい頃の自分に頭を下げる部分もたくさんあり、紙の本で残してもらえて、本当に良かったなと思います


子ども時代、特に小学校の6年間は、人間がからだも心も、一番大きく変化する時。わたしみたいなただの小学生のツイートからでさえ、二度と戻らない感覚を感じることが出来る。書くことが好きな子たちが綴る文学賞受賞作品には、もっと細やかに、二度と戻らない大切な気持ちが、たくさん詰まっています


子どもが書いた子どもの本を、大人が『懐かしいなー』と、ほほえましく読むのではなく、ぜひたくさんの子どもたちに、同年代でいる間に、『そうそう!そうだよね!』と、共感して読んで欲しい!
それには、いつでも子どもが自由にひとりで手に取れる紙の本であることが、わたしは重要だと思います。


わたしが小学生の時に読んだ『12歳の文学賞』は、等身大の自分たちの姿でした。自分が思ってもうまく言葉に出来ない日常、面白かったこと、想像したこと、悲しかったことを、サラッと文章にすることができる同年代たちは、キラキラして、とてもカッコ良かった


『12歳の文学賞』今年の受賞作はいつにも増して面白かったので、紙の本になって、いろんな学校の学級文庫に置けない形になったのが、とても残念です。誰にどこに言えばいいかわからないけれど、どうかまた、紙の本になりますように!!!

(上記のツイートは、togetterに
どうかまた紙の本になりますように「12歳の文学賞」
としてまとまってます)



こんなふうに熱い想いを感じてくれていたなんて、本当にありがたいです。

「小説なんて大人が書くもの」
「作文が苦手な私は、文章を書く能力がない…」
といった大きな勘違いがまかり通っていて、
しかも、
その誤解をとくどころか、ますます強化してしまう人や仕組みがあちらこちらに散らばっている。

そんな状態を変えたいと、
「12歳の文学賞」を立ち上げたのが10年前。
前例がないことを始めるのは実に大変だったのですが、
やっておいて本当によかった
間違いじゃなかった
と、つくづく感じています。


小説創りに役立つ電子書籍、出しました!

電子書籍6タイトル「物語を創ろう」シリーズ! を小学館より発売しました。

6本、どれも105円。

「でも、電子書籍の端末を持ってないし……」という人も心配無用。
スマホやタブレットでアプリをダウンロードすれば、すぐ読むことができます。 → iPhone用 / Android用

是非、お父さんやお母さん、お兄さん・お姉さんのスマホでダウンロードしてみてくださいー

12歳の文学賞に応募するために書き始める前、 書き始めたけど行き詰まっちゃった時、 書き終えたけど、もっといい作品にしたい時、 いろんな時に、いろんなかたちで役立つ電子書籍だと思います。

あさのあつこがマンガで伝授!想いが伝わる物語の作り方 

~人気作家の創作の極意1~

石田衣良がマンガで伝授!創作才能の磨き方 

~人気作家の創作の極意2~

西原理恵子がマンガで伝授!面白い悪口の作り方 

~人気作家の創作の極意3~

樋口裕一がマンガで伝授!頭がいい人の創作術 

~人気作家の創作の極意4~


どれも「物語の創り方」を、マンガ&エッセーで楽しく学べる電子書籍になっています。  

そして、さらに、12歳の文学賞の審査員であり、『バッテリー』の著者・あさのあつこ先生が、
少年たちの夏を描いた切なくも温かい物語も電子書籍化しました。

すっと読めて、ほっと心が温かくなるような素敵な短編小説です。

あさのあつこ短編小説 夏を見上げて。

 

そして、こちらは、「小説執筆」を、ジャンプ漫画っぽくバトル漫画にして話題となった作品。

物語が書きたくなる!小説バトルマンガ「ブンゴー」



どれも、105円です。
キオスクでミントのタブレットを買うような気持ちで手に入れて、そして、ミントの香りが口いっぱいに広がるような、そんな存在になれたらと思って作りました。
是非、味わってみてください。

そして、皆さんの小説創りに、少しでも役だってもらえたら、嬉しいです。

初めての そして、ときどき姑の気分

いち読者として、手にする『12歳の文学』単行本。

昨日、初めて受け取りました。

自分が関わってない12歳の文学賞関連本は、これがお初なので、なんとも不思議な感覚。
上京していった我が子が帰省したときの親の気持ちって、こんなのかしらん、と思いながら眺めました。

親のもとを離れても、ちゃんと生活できてる姿に喜びを感じる一方で、
自分なしでも生きていけちゃうんだね、とちょっと寂しかったり、
複雑な心境。

それも、また悪くないです。

親元を離れ、ファッションもすっかり変わりました。
http://family.shogakukan.co.jp/special/12saibungaku/index.html

…って、
リンクはってみましたが、今日発売の単行本がさっぱり載ってないっ!
どうなってんの、担当者!

ああ、これは、息子の嫁に小言をいう姑の心境かしらん。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
最新情報は、こちら
12歳の文学賞サイト
イベントなど
雑誌を作ろう!ワークショップ
5月22日(土)、29日(土)
学習塾ロジムにて
主催:こどもラボ

この編集者がスゴい!トークショー
6月15日(火)開催
司会:古瀬絵理
ゲスト:永江朗、久世番子
干場弓子、他

ブクブク交換
ブクブク交換レポート
ブクブク交換のブログ
twitter
ブクログ
ギャラリー
  •  『12歳の文学』がAppleの選ぶ【iBooks Best of 2015 】に選ばれました
  •  『12歳の文学』がAppleの選ぶ【iBooks Best of 2015 】に選ばれました
  • 一生、編集者
  • 「もしドラ」のダイヤモンド社からエースが参戦!
  • 「もしドラ」のダイヤモンド社からエースが参戦!
  • 小学生は 咲いている
  • ライブドアブログ