2013の収益

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1年間のインターネットからの収益は次の通りでした。

現金の部      25450
らくてんの部   7148
商品券の部   3500
-------------------------------
 合計           36098

懸賞76

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
500円図書カード!
画像1

懸賞75

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
500円ギフト券!
画像1

懸賞74

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
画像1
図書カード500円!

懸賞73

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ギフト券500円
画像1

懸賞724

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
画像1

500円の図書カード。

懸賞715

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
画像1

電話世論調査の謝礼。

月 HITACHI HDC-303X with smc PENTAX-FA100-300mm

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

日立のデジカメで月の撮影をしてみました。300mmのズームレンズをマウントしてみました。計算が正しければ35mmフィルム換算で800mm望遠相当になるハズです。
期待通りかなり大きく撮影できました。
イメージセンサーの汚れは無水アルコールで念入りに掃除したつもりでしったが、白いシミにようなものが映りこんでます。センサーがダメなのかもしれません。
残念(>.<)
月が赤い色なのは赤外線を除去できていないためです。




懸賞70

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
500円図書券。画像1

HITACHI HDC-303X ver1.1 with smc PENTAX

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ミラーレス一眼レフが流行っているので、1台制作してみることに。
カメラボディーはHITACHI HDC-303X を使います。

HITACHI HDC-303X

まず、HDC-303Xからレンズを取り払います。レンズは4群4枚(非球面レンズ2枚)構成のF値3.0というのがカタログの仕様ですが、実際に撮影すると期待ハズレの感が否めないものです。レンズは可視光だけを透過するフィルターも兼ねているモノですが、気にせず取り去ります。このフィルターが無いと撮影した画像の色がおかしくなりますが、白黒に変換することを基本に考えれば特に問題はないかと思います。

HITACHI HDC-303X

HITACHI HDC-303X

取り外しの際、ストロボ用コンデンサーに電気が貯まっていたので感電しました。指先に鈍い痛みが走り死ぬかと思いました。コンデンサーには60μFの文字。作業前にテスターなどで放電するべきでした。

次に、HDC-303XにPENTX Kマウント用のマクロ撮影エクステンションチューブを取り付けます。このチューブで、HDC-303Xのイメージセンサーとレンズマウント位置までの距離(=フランジバック)を調整します。チューブの1つに14mmという寸法のものがあり、これを使うことでフリンジバックが概ね45.5mmになることがわかりました。Kマウントの仕様にほぼ一致します。

HITACHI HDC-303X ver.1

HDC-303Xのイメージセンサーは315万画素1/2インチCMOSセンサーを使っています。これに35mmフィルム一眼レフ用の交換レンズを装着するので、計算が正しければ、改造後は2.7倍の焦点距離相当になる目論見です。35-105mmのズームレンズをマウントした場合、35mmフィルム換算で94-283mm相当の絵を撮影できるようになるハズです。

フィルム用のコンパクトカメラCanon SNPPY EZのビューファインダーを取り外し、HDC-303Xにつけることにしました。明るい場所で撮影すると液晶モニターが使いものにならないので、ファインダーでだいたいどこを撮影するかを検討をつけるためです。

完成です。HITACH製のコンパクトデジカメが、Kマウントのミラーレス一眼レフ機になりました。

HITACHI HDC-303X Ver1.1 with smc PENTAX

HITACHI HDC-303X ver.1

試し撮りです。手動で露出、ピンとを調整する必要があるため、絞りリングが無いデジタル用のレンズが使えないデジタルカメラになるわけですが、なかなか面白い画像がとれそうです。
ピントを合わせるときは、心の中で「ピピッ」とつぶやいています。

少々ピントがあっていませんが、smc PENTAX-F 50mm F1.7 −2.0EV  ホワイトバランス曇天で撮影してみました。
画像が赤身がかっているのは可視光以外の光も取り込んでしまっているためですね。背景のボケ具合は開放絞りによるもので、改造前では得られない効果ですね。
Untitled

HITACHI HDC-303X ver.1 with smc PENTAX-F50mm

改造後のHITACHI I.mega HDC-303X Ver1.1 諸元
 レンズマウント PENTAXバヨネットKマウント(電子接点なし)
 使用レンズ Kマウントレンズ(絞りリングがあるもの)
 ビューファインダー 35mm用(Canon SNPPY EZからの移植ファインダー)  
 イメージセンサー 約315万画素(2048×1536ピクセル) 1/2インチCMOS
 電子シャッター、1/6〜1/2000秒
 プログラムAE −2.0EV〜+2.0EV(0.5EVステップ)
 イメージプロセッサー STK1210B
 DRAM hynix HY57V281620ET-H 128Mbyte
 フラッシュメモリ SAMSUNG K9F5608UOC NAND 32Mbyte
 内蔵32MBフラッシュメモリ、SDメモリーカード、USB1.1
 デジタル4倍ズーム
 1.5型TFTカラー液晶、約6.7万画素(280×240ピクセル)

photo
いびき治療
あなたの「いびき」は治る!
いびき治療のパイオニア
中川歯科医院
訪問ありがとう!
最近のコメント
livedoor プロフィール
あわせて読んどけ!

あわせて読みたい



カテゴリ
記事検索
月別アーカイブ
RSS
  • ライブドアブログ