草冠日記

草冠烏兎による雑な日記。 旅の事とか、写真の事とか、ゲームの事とか色々と。

草冠旅行 尾道編(2)

DSCF5250


















 元大和湯、現ゆーゆーで若干ゃ休み、5巻のカラーページの場所へ。
 ここの建物だけ雰囲気が違うのですぐにわかった。
 そしてここに来る途中にかみちゅの痛車がいたんだけど、残念ながらかみちゅは当時未視聴でした。
  そして丸二日時間があるからと適当に回ろうかと思っていたのにこの時点で死にかけ。
 考えた結果、地図を見て左端から行こうと。
 尾道駅に戻って、そっからさらに西へ。
DSCF5253

















 DSCF5252


















 蝉が鳴いてたり、4巻23話の扉絵だったりしたところを通り抜けて北へ。

DSCF5261DSCF5262DSCF5264





















































 航ちゃんの元へ走るタビが通った道。
 やっぱりプラネタリウムの場所にお城が。
 そして劇中の通り、クロネくんのいた場所へ。

DSCF5265


















 民家の隙間みたいな道を上ったところにあったから若干わかりにくいぜ。
 ちなみにここへは、1話で「坂」と言っていたところを行けばいけた。
 ここもまんまな場所。

DSCF5267

















DSCF5270


















 ここの階段を上ると景色が綺麗な場所。
 地図を見ながら次の場所へ進み、1巻表紙の場所を通り過ぎて

DSCF5273


















 回想で先生がタビに星に詳しい人を紹介したところ。
 のぼるぞー。

DSCF5281








































 この辺の道、マジで自然。

 DSCF5287


















 けど登り切ればめっちゃいい景色。
 でも死にかけでめっちゃブレてる。
 上ったところが本当にお城の場所だったけど、お城は草ボーボーで入れないという。

DSCF5290


















 そしてその付近の広場。
 この広場はプラネタリウムの前の広場として扱われてた。
 やっぱり死にかけなのでこの辺はもう写真を撮る元気もなかった。
 道なりに進み、天文台的なところへ。

DSCF5296DSCF5297



































 その道の途中、人に撫でられまくる猫の姿。
 ここの猫ってどいつも人慣れしてんなー。

DSCF5303


















 そしてここの景色も良きかな。

 ……近くにロープウェーあるやん……

 一気に下り、そろそろ宿が開く時間になった。
 けどまだちょっと時間があるので、電車を見よう。電車。
 タビの道づれだと電車は割と重要なポジション。
 駅は拠点だったし、同じ一日を繰り返す町もタビは電車でやってきた。

 DSCF5309


















 北口。ホームはない。
 内装までそっくりは流石になかったね。

DSCF5311

















DSCF5312








































 そして電車。そして風圧に負ける草冠。
 撮った写真がほとんどブレるほどヤバイ。

DSCF5317


















 ユキタくんが開けた窓や、タビが座っていた椅子までそのまんま。
 電車の内装はそのまんまだった。
 誰もいないからって撮ってよかったのか不明だけど。ゆるちて?
 そんなこんなで、2日目へ。

草冠旅行 尾道編(1)

 2017年。10代最後の夏。広島県 尾道市へ行ってきました。
 かねてより猫がたくさんいるだとか風景がいいとかで行ってみたいとは思っておりましたが、ついに行く動機となったのは「タビと道づれ」という漫画。

 平たく言えば、タビと道づれの聖地巡礼という。

 そんなこんなで夜行バスに揺られ東京を出発し、到着したのが翌7:20分くらいだった気がする。
 早速尾道駅内のロッカーへ荷物をぶち込み北口へ。

DSCF5153


















 タビと道づれ本編の拠点となっていた尾道駅がそこに。
 ちなみに作中では田舎っぽさを出すためなのか、南口付近の近代建物群はほぼスルーして描かれてました。でも実際線路越して山側は古い建物が並び、あながち間違ってない?

 早速事前にプリントしておいた地図を頼りに歩を進め、一巻の表紙の場所へ。

DSCF5164


















 と、その前に駅の横の草むらに猫を発見。わっちの目はごまかせん。
 わかりにくいけど二匹いて、奥の白い方が親っぽい。
 気を取り直し、表紙の場所へ。

DSCF5160








































 駐輪場向かいの民家の敷地内じゃないのって感じの細道を。

DSCF5154


















 登ってる途中の空き地に黒猫がおった。ほら、塀のかどっちょの所。
 で、階段がきつい。
 思ったより階段がきつい。
 傾斜がやばい。
 どんくらいやばいかというと、3分と登らずに軽く街が見下ろせるレベル。
 そして登り切り、ようやく一巻表紙の場所へ。

DSCF5157


















タビと道づれ 1 (コミックブレイド)
たなかのか
マッグガーデン
2013-11-05



 ぬ。写真が悪かった。
 でも間違いなくここだった。この曇りなき眼で見定めたんだ!

 感動もそこそこに階段を下る。
 細道が多いので極めれば最短ルートで移動できるだろうけど、初見なので慎重に。

 駐輪場前まで戻り、駅とは反対方向へ。
 そうすると一巻冒頭でタビが逃走した際に登場した風景が。

DSCF5159DSCF5161
























































 二枚目の写真、光が強くてわからないけどなんか城がありました。
 今度行く機会があればちゃんと撮りたい……。
 やっぱり慣れない新しいカメラはよすべきだった(言い訳)

 しかし暑い、ついでに少し腹も減った。
 道を戻り尾道駅南口に行き、店を探す。
 ……なかった。朝早すぎた。
 仕方ないのでコンビニへ特攻し、ガリガリ君を買って海沿いへ。
 ガリガリ君を食べてる写真はあるよ。
DSCF5165


















 作中ではダブルソーダを2人で食べるっていう最重要シーンなのに、一人で食べる悲しみよ。
 ついでに近くに渡し舟的な船が往復してたので、ついでに乗って向島へ。
 ちなみに向島の船着き場は二巻の表紙となっちょる。
DSCF5178


















 船からこの辺を撮ると扉絵。

DSCF5175

















タビと道づれ 2 (コミックブレイド)
たなかのか
マッグガーデン
2013-11-05


 というか事前情報と違って屋根がついに網になってた。
 仕方ないね。
 ついでに1巻6話の扉絵まで行ってみる。

DSCF5171








































 たぶん角度は合ってると思う。
 トンボ返りで尾道へ。

 商店街に出たので食事処を探すも、やはり若干早かった。
 草冠の飯はどこに。
 と思ったら、見知った建物が。
DSCF5182


















 元お風呂の大和湯。現在お風呂ではないもののお店になってる。
 タビと道づれ作中では普通にお風呂として登場。
 ここも時間的にまだやってなかった。
 草冠の飯はどこだ。


 飯を食えず暑さにも負け、さまよい歩く草冠。
 適当な信号を渡り、階段を上り、細道を行き。
 光明寺に通じる道の途中。

DSCF5191








































 なんか、いた。

 階段を上った草冠の元へ警戒心のない猫が一匹すり寄ってきた。
DSCF5188


















 すごいのこいつ。寄ってくるの。

DSCF5194


















 挙句にケツも向けるの。

DSCF5206


















 ててーん。

DSCF5203


















 めっちゃ癒された。
 名残惜しいものの別れ、散策を再開。

DSCF5209


















 東京都は違った雰囲気の道を歩き、気が付けばいい時間。
 というか、思えば商店街探索中すでにいい時間になってた気がする。

 DSCF5486


















 そう、この昭和的な入り口が欲しかった。
 おしゃれな現代アートよりこっちのほうが落ち着けるね。

DSCF5212


















 海産物のフライ的なやつを貪り食い、満たされる草。
 ちなみに客は草以外におらず、快適。まぁまだ早い時間だしね。
 飯をついに食い、気力ゲージを回復させた後、少しの休憩を挟み、地図を確認しつつ目的地へ向かう。

DSCF5213


















 千光寺新道なる緩やかに見えて割とやっぱりきつい道。
 一気に体力を削るんじゃなくてじわじわと確実に消耗させるタイプの道。

DSCF5214


















 でも登ればいい風景がそこに。

DSCF5208


















 なんというか、いいね。

 道なりに進み今度は尾道共楽園へたどり着いた。
 で。パッと見てわかった。

 ここ作中ユキタ君がよく訪れてた公園だ。

DSCF5219


















 木の位置も、屋根の位置も、柵の形も全部一致。
 この写真を漫画と比べれば本当にまんまのはず。

DSCF5217

















DSCF5216


















 街が見下ろせるし眺めもいい。叫びたくなる気持ちもわかる。

 ただ一つ。めっさ暑い。
 前日まで曇りのち雨とか言われてたのに、大晴天。あっぱれ。
 旅当日に晴れるのはいいけど、ちょっと手加減してほしい。

 木の木陰で現在地を確認しつつ休みを入れ、再出発。
 仕事からのバス直行が割と来てる。最近運動もしてなかったしねー。

 DSCF5222

















DSCF5226








































 しっかし、本当に眺め良いな。
 手持ちのポカリ残量が少ないので補充したいものの近くに店も自販機もない。
 けど、ただ下る前にせめて視界に写った三重塔でも寄っていこう。


DSCF5235








































 遠いようで意外と近かった。
 細道の所にあるので、直前の道に人がいっぱいいたのにここは人気ゼロ。
 心なし涼しいので過ごしやすい。

DSCF5233








































 タビと道づれ作中で言えば、ユキタ君とツキコさんが雨宿りしたくらいの出番だけど結構印象に残ってる。
 ユキタ君は商店街からここまで走って雨宿りしにきたん?
 漫画内の事だしそういう細かい所はあんまり気にしない草冠。

 写真もそこそこに下っていく。
 なんか遠目にロープウェーが見えるのでたぶんそっちに行けば自販機があるはず。
 三重塔から出て左に道なりに行ったら割とすぐ着いた。

DSCF5242


















 というか、この道と言うか神社ってと思ってたら。

DSCF5241 2


















 三巻の表紙、およびクロネ君とオズ先生が雨宿りした民神社だった。

DSCF5238 2


















 このタビがめり込んでたご神木とかほんとまんまでしょ。

DSCF5247


















 と、ここで流石にいくら帽子を被っていようと夏の暑さの元動き回ってれば死にかける。
 うまく写真が撮れなくなってきてようやくやばげなことに気が付いたので、自販機でポカリを買ってから離脱。
 商店街に行き適当な店で休むことにしました。

ブログ再建

 先日、とうとう成人式へ行ってきました。草冠烏兎です。
 どうせ誰にも見つからんやろと友人と共に行ったのですが、あっさり見つかりました。
 覚えられてるもんだね。たぶんというか、絶対悪い方向なんだろうけど……。

 その後は適当に成人式のあいさつを聞き流して帰りにやよい軒で鉄火丼食べました。
 で、その時の会話で気が付いた。
 そういえばブログあったと。

 日記とかって見返すと「そんなことあったなー」ってなるやん? 少なくても草冠はあります。
 というか、基本暇だし。
 てなわけで今度こそ続けたいと思いやす。
 手初めに去年の夏に尾道行った時の記事でも書こう。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
Twitter
どうも、草冠です。千年戦争アイギスと武装神姫が好きなゾンビゲーマーなんでよろしくっす。
  • ライブドアブログ