IWAPIG日記

みょんなことを数多くやらかしてきた学生のブログです。

旅行

あの空、この夏

 ひょいとグーグルの検索ページへと飛んで、「ストリートビューでロンドンを旅しよう」といった類の表現を見掛けた。ロンドンオリンピックが近いからだろう。
※リンク先はストリートビューですから、携帯の方はどうかお気を付けを。
続きを読む

夢うつつの京都紀行

 昔から、遠足というのは面白いものだ。「バナナはおやつに入りますか」ではないが、例えば制限の範囲内でお菓子を買うためのもっとも良い方法を考えたり、駄菓子屋を探して町中を走り回ったりしたものだ。

今度の遠足の行き先は京都であった。しおりを見ても「清水寺集合、平安神宮解散。以上」とあるだけである。こういう所が我らの学校らしい。

続きを読む

英国紀行 〜最終回

 すこし早起きして、まだ暗い内に紅茶を何杯か湧かす。数日に渡って見てきたこのあたりの風景もこれで見納めであり、重くなった荷物を抱えて日本――現実に満ちあふれた日々――へと戻ってゆくのだ。

続きを読む

英国紀行  〜その5

 翌朝の朝食を食べる段になっても、六人の内、別室の三人の姿が見えなかった。電話してみたけれど、延々と発信音が鳴り響くばかりである。  

ぼくは部屋の前へと出向き、八分の九拍子や五七五など、史上知られているありとあらゆるリズムで扉を乱打することによって、彼らに現実を教えることにした。この時まとめた旅行についての感想が以下のものである。

「英語を話せたのは良い経験です」

「でもごめんなさい、実際の所、sorryとthank youとexcuse meしか喋ることはありませんでした」

「パンツの一枚や二枚、盗まれるのもまた一興だったのですが……」

続きを読む

英国紀行 〜その4

 朝から運が悪かったようだ。起きるとそこは鼻血の海で、早々にトイレに駆け込んだ僕の背中に、ぼくが不治の病であると宣告したり、過去現在未来に及ぶ呪いを嬉々として発したりするUの声が浴びせられた。なんとか鼻にちり紙を詰め、涙目で朝食に行ったのだら、今度はベーコンまでもがぼくを苦しめる。
 僕が思うに、あれはベーコンなんてかわいい代物じゃない。つるつるとして食べづらいし、のどに詰まってぼくを殺そうとしたのだ。

続きを読む

英国紀行 〜その3

 差し込む朝日に目が覚めた。時計によるとまだ朝の五時半らしく、起床時間まではまだまだある。同室の住人達はまだ眠りこけているようだし、これからしばらく何をしようかと考え、とりあえず外を眺めてみることにした。朝日は日本のものよりも厳しく、しかし静かで、日の出も日本より早いのか街もそろそろ目を覚ましつつあるようだった。

 ここまで考えてもまだ六時過ぎだったので、昨夜の惨劇を回想する。



続きを読む

英国紀行 〜その2

初夏といっても、梅雨まっただ中といっても良いけれど、とにかく暑い朝だった。空港に隣接するホテルから意気揚々とO、Kとぼくが集合場所にたどり着いた頃には、他の班員はすでに集まっていたようだ。これから飛行機に乗ると言うことで手持ちの搭乗券を眺めてみると、陽気な顔をした兄ちゃんが写っている。もっとも鹿爪らしい顔をした券に睨まれたところでこちらは困惑するしかないのだが、あのように世界を旅して回るのもおもしろいのではなかろうか。

続きを読む

英国紀行 〜その1

 とりあえず、適当に書いた序文をあげてみることにする。

そのとき居たのはI、U、そしてぼくの三人だった。ぼくらは昼休みのひとときを利用して、イギリスのガイドブックを前に、どこに行こうかという議論をしていた。まだ寒い二月頃、修学旅行での班も決まり、早速、自由時間に何をするかという話になったのである。

続きを読む

修学旅行に向けて

なんだかよく分からないが、明日ロンドンに行かねばならぬと言う。行かねばならぬ、という表現の正誤はどちらでも良いとして、一つ気になっているのは、飛行機の中ではいつ寝ればよいのか、ということだ。いや、そもそも寝て良いのか、前日はいつ寝れば良いのか、というのも問題だ。それがたとえば深夜なら、○○××を友人とリアルタイムで見る良い口実となるが、早く寝ろだのなんだのと言われたら、たまったものではない。続きを読む

ロンドンへの道 その2

修学旅行ももう二ヶ月先まで迫り、そろそろあせりが出始めている。帰ってきた翌々日が期末テスト初日という鬼畜スケジュールだと聞いた。

        \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今、夢を見ているんだ
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目が覚めたとき、
   |l    | :|    | |             |l::::   ぼくはまだ16歳
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたらロンドンに行って、
   |l \\[]:|    | |              |l::::   オックスフォードを見て、ロンドン市内を歩いて、
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   帰ってきたら楽しい夏休みを過ごすんだ・・・
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

とまあ、帰ってきたらこんな気分になるんだろうな。

続きを読む
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    にほんブログ村 高校生日記ブログ 男子高校生へ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ
    • ライブドアブログ