超党派の国会議員でつくる拉致議連(会長、平沼赳夫・新党「たちあがれ日本」代表)は14日の総会で、家族会、救う会と共催の「国民大集会」を25日に東京・日比谷公会堂で開くことを確認した。総会で、家族会の飯塚繁雄代表は「国民は(拉致事件解決に)いつまでかかるのかと怒っている。各党は参院選マニフェスト(選挙公約)に『早期解決』を入れてほしい」と訴えた。

【関連記事】
政務3役の議連“不許可”に異論 8日の閣僚懇談会、外相、拉致問題相ら
拉致と鳩山政権 圧力重視の姿勢忘れるな
拉致議連、民主新人大量加入で「圧力」堅持はどうなる?
「拉致議連」選挙後初総会で新体制発足 幹事長に自民・古屋氏
拉致議連、民主党新人らの入会で220人に拡大
外国人地方参政権問題に一石

元社保庁職員無罪に検察上告=機関紙配布の国家公務員法違反(時事通信)
プライバシー配慮?「裁判員」回避で強姦容疑に(産経新聞)
核なき世界へ「大きな一歩」=核不使用、ルール化に努力-岡田外相(時事通信)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象-参院法務委(時事通信)
3万6000円のマラドーナのトレカ盗み逮捕 栃木(産経新聞)