平野博文官房長官は30日午後の記者会見で、中国当局が日本側に対し、判決の確定した日本人の男性死刑囚の死刑を執行すると通告してきたことについて「国民感情をかんがみると、あまり良い影響が出ない」と述べ、日本側の対中感情に悪影響を与えることへの懸念を表明した。その上で、こうした認識を外交ルートを通じて中国側に伝える意向を示した。
 ただ、「中国の司法の問題だから、日本が『それはけしからん』と言う問題でない」とも語り、抗議するには及ばないとした。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
日本への通告を正式確認=邦人死刑執行で
日本人の死刑執行を通告=麻薬密輸罪、来月5日にも
千葉法相に執行停止求める=死刑廃止議連

参院選 政府・民主党 マニフェスト策定へ実質議論を開始(毎日新聞)
エキスポ跡地 農業体験公園オープン 1年限定「自然に優しい生活発信」(産経新聞)
アパート火災で母子死亡=金沢(時事通信)
券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)