6日午前5時50分ごろ、東京都台東区谷中7の谷中霊園で、鳩山由紀夫首相の祖父・故一郎元首相の墓石に塗料が付いているのを、散歩中の男性が見つけ110番した。警視庁下谷署は器物損壊事件として捜査している。

 下谷署によると、塗料は黄色で、墓石の正面全体に付いていた。スプレーで吹きかけられたとみられる。巡回警戒中の署員が5日午後11時40分ごろに確認した際には異常はなかったという。

 谷中霊園は終日出入り自由。鳩山家の墓石が3基並んでいたが、中央の一郎元首相と妻薫さんの墓石1基だけに塗料がかけられていた。警視庁から連絡を受けた鳩山首相は6日午前10時40分ごろ、下谷署員とともに谷中墓地の現場を訪れ、墓前に手を合わせた。【山本太一】

【関連ニュース】
普天間移設:首相と徳之島3町長の会談、7日で調整
水俣病:首相、国の責任認め謝罪…慰霊式に初の参列
水俣病:慰霊式…首相、初の参列
普天間移設:徳之島3町長、首相と面会へ…反対民意伝える
米誌タイム:鳩山首相を選出…最も影響ある100人

生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
「全日空商事」元社員ら、9千万円の詐欺で逮捕へ 架空業務発注(産経新聞)
黒澤記念館を断念 財団、伊万里市に「資金難」 スピルバーグ氏ら理事解任(産経新聞)
岡山の運送会社を捜索 山陽道GW渋滞3人死亡多重事故(産経新聞)
風俗の女性に勧められ…エリート教頭がハマった「背徳の世界」(産経新聞)