プロ将棋棋士元名人の加藤一二三さん(70)が自宅の集合住宅で野良猫に餌を与え、悪臭などの苦痛を受けたとして、管理組合と住民が餌やりの中止と損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁立川支部であった。市川正巳裁判長は「猫に段ボール箱を与えるなど飼育の域まで達し、汚れや異臭などさまざまな被害を与えており、管理規約に違反することは明らか」として、住宅敷地内での餌やり中止と計約200万円の賠償を命じた。
 判決によると、加藤さんは東京都三鷹市の庭付き2階建てのテラスハウス型集合住宅に居住。2002年以前から猫に餌やりを始め、住宅周辺に現れる猫が18匹に達した時期もあった。住民の洗濯物に異臭が付いたり、庭の芝が枯れたりしたため、管理組合側は餌やりの中止を求めたが、受け入れられなかった。 

【関連ニュース】
元名人に中止命じる=集合住宅の猫餌やり訴訟
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん
羽生が2連勝=将棋名人戦
羽生が先勝=将棋名人戦

被災地支援に一括交付金=制度化へ調整―中井防災相(時事通信)
防衛省の幹部候補生採用試験で出題ミス(読売新聞)
ペルーと来月EPA基本合意=鳩山政権で初、12例目(時事通信)
小沢氏3回目聴取 検察、月内にも判断 不起訴なら検審再審査(産経新聞)
婚活 コンブやカツオのかりんとうが大人気 縁結び役に(毎日新聞)