予約・取材画像挿入待ち


こんにちは!



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

前回の記事 で走行プログラムをMにして
アクセルを踏むと、素晴らしいトルク感と
共に、ガツン!と警告灯を頂きました。



W212,E300,ECUチューン,コーディング,VEDIAMO

冗談抜きで物の開発陣営に負けないくらいの
カラ元気、熱意をもって(笑)、
「一人」でいじって焼いて乗って実験。。。

メーカーが開発「グループ」と言う
集団を作る理由が良く分かりました。



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

やっと、ある程度パラメーターをあげたまま
トルク制御エラーが出ない工夫を考える
ことが出来ました。。。


もう、どのモードでも全開OK!!です(笑)


キーワードはやはり「整合性」です。。。
リザルトマジック、日比社長が常々
仰っていることに尽きます・・・。



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

あと、街乗りは?街乗りは?と
突っ込む人がいます(笑)


この通り、Eモードでは50キロちょっとの巡行は
900回転くらいでちゃんとこなせます。

ちゃんと低速トルクも確保しています。

ミッションは必要トルクが確保されているので
すぐにシフトアップをしてくれます。


画像の通り燃費計が動いているので、
ちゃんとアクセル踏んでますよ(#^.^#)


空ぶかしやレスポンスは先日の動画の
パフォーマンスのままです。


定義ファイルの改変のみでは絶対に出来ない
パラメーターもやってあります。

その前に、この中途半端なグレードの定義ファイル
なんてあるかどうかさえも分かりませんが・・・。



ベンツ,コーディング,超鈍感化,オートライト感度,ベディアモ

M276型V6 3.5L NA成層燃焼付きで中期のE300は
252馬力、E350は306馬力と差がありすぎです。

今の車は中期最終モデルで最後に限定300台で
出たRSP Limitedなので、グレード的にE250か
E300のみの選択となります。



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

あと、先日のベンツ診断機セットアップの話題で
よくDELL社製のD630置換型HDDが出て来ますが



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

Windows7ならまだまだ動きます。



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

Windows Updateを全部入れて、XDOS
OPENSHELLをインストール。



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

さすがにインストールの速度は現役機より
かかりますが、2017.09版ソフトで約1時間
10分ちょっとかかる感じです。

私がメインで使用しているDELL社製E6230の
i7 3540では大体45分前後です。



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

様々な改変後、起動してみます。
起動はやはり時間を要しますね。



DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

DAS,XENTRY,VEDIAMO,DTS-MONACO,ベンツ診断機

負荷的には重そう・・・汗 ですが、現役機で
売られているセットアップと同等か、少しだけ
遅いか程度の差です。


2017.05版あたりから更に改変が難しくなり
W205以降の車両で使えない、ダイムラー
オンラインに入ることが出来ない、、、

など色々と問題が出ていますが、何とか大丈夫です。


昔のように、動いていた古いバージョンの
ファイルと置き換えるという手法はもう
ダメかもしれません。


Core2Duoではありますが、まだまだ現役の
D630でありました。



ようやく落ち着いて来たECU。

後は、寒い時の補正でエラーが出ないか
確認してOKです。



いつもお読み頂きありがとうございます。

ブログ内での質問はちょっと・・・と思っておられる
読者様はコメント欄ではなく直接私に質問のメールを
頂けますと嬉しいです!

また、アイオーク紹介希望者の受付実施中です。

最近は日産コンサルト3(4)や3+、そしてベンツの
青森発VEDIAMO(ベディアモ)コーデング開発や
SDコネクトなど故障診断機の話題も出ています。

加えてDTS-MONACOも導入しました。

私の分かる範囲・経験した範囲で情報を
どんどん発信していきますので
これからもよろしくお願い致します。