福岡県内で昨年確認された強姦(ごうかん)と強制わいせつの性犯罪事件のうち、自宅で就寝中に被害に遭った約30件は、すべて無施錠の玄関や窓から侵入されていたことが県警の調べでわかった。

 マンションなどの4階以上で起こったケースが約4割に上っており、県警は「高層階でも安心せずに戸締まりを徹底してほしい」と呼びかけている。

 県警によると、昨年の性犯罪の認知件数は強姦84件、強制わいせつ355件の計439件。

 うち、自宅で被害に遭った約50件(近親者による犯行を除く)のうち、約30件が就寝中で、いずれも無施錠の玄関や窓から侵入した男に襲われていた。約20件が1人暮らしだった。

 30件の建物別は▽3階以下のマンションやアパート(44%)▽4階以上(38%)▽戸建て(17%)だった。

新幹線 八戸-新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
<掘り出しニュース>知ってる?埼玉名物「借金なし」豆腐(毎日新聞)
堺の男児虐待死、同居23歳男「発熱、泣きやまず腹を押した」(産経新聞)
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に-成田空港(時事通信)