15日午後2時20分ごろ、茨城県竜ケ崎市馴馬(なれうま)町で、同市平台、運転手、国井裕二さん(42)の次男達也君(6)=市立馴馬台小1年=が農業用水路に転落。約15分後、約600メートル下流の水門付近で救急隊員に発見、救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警竜ケ崎署によると、達也君は同級生の男児3人と午後1時ごろから、石を投げるなどして遊んでいた。用水路は幅2.7メートル、水深1.6メートル。周囲には高さ1メートル程度のフェンスが設けられていたが、遊んでいた付近はフェンスがなく誤って転落したとみて調べている。【原田啓之】

<絵本>「本の過疎地」に寄贈訴え 福島・飯舘(毎日新聞)
地方自治の生き証人 鈴木氏死去 五輪、都庁移転で手腕(産経新聞)
リース会社を初集団提訴 ホームページ制作契約、相談100件超(産経新聞)
工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)
普天間、政府案決定先送りも=基本閣僚委開催に社・国反対(時事通信)