環境に優しい循環型地域社会を目指す千葉県佐倉市のニュータウン「ユーカリが丘」(245ヘクタール)で27日、エコフェスタが開かれた。街づくりを手がけるデベロッパーの山万(東京都中央区)が3月から乗用車を共同利用するカーシェアリングを始めるのを前に、電気自動車の出発式もあった。

 山万によると、ユーカリが丘には現在約5900世帯、1万5700人が暮らす。カーシェアは同社が購入した電気自動車5台のうち3台を利用。マンション住民は無料で、5月をめどに一般住宅の居住者にも2時間2000円で貸し出す。

 同地区の毎日新聞販売店も27日から電気バイクを使って配達を始めた。

【関連ニュース】
柏ITS推進協:設立総会を開催 池内東大大学院教授を会長選任 /千葉

「憎まれるのはオレ1人でいい」 民主の渡部氏が小沢氏批判を抑制(産経新聞)
鳥取選出・石破氏「チベット発言」に怒る(読売新聞)
元銀行マン、中医協に新たな風を(医療介護CBニュース)
<逆走衝突>三重・伊勢自動車道で3人死傷 (毎日新聞)
宮家への「献上ふく」 調理風景を公開(産経新聞)