民主党の小沢一郎幹事長は17日、党本部で記者会見し、自らの資金管理団体を巡る事件に関する衆院政治倫理審査会(政倫審)の開催について「原則非公開だが、そのこと自体に拘泥しない。私自身はどちらでもいい」と述べ、公開に応じる考えを示した。野党側が求めている証人喚問については「考えていない」と否定した。

 小沢氏は政倫審について「出席を拒んではいない。より国民に納得してもらえるなら一つの方法だ」と出席する考えを改めて表明。鳩山由紀夫首相は同日、首相官邸で記者団に「出席されるなら小沢氏が信じることをしっかりと述べることが一番大事なことだと思う」と語った。

 15日の東京地検特捜部の事情聴取について小沢氏は「(検察側の)求めに応じて、より自分自身としては分かりやすく、丁寧に答えた」と述べた。

 同党のマニフェスト企画委員会が参院選マニフェストに次期衆院選後の消費税増税を盛り込む方針を示していることについては、「私は聞いていない。まず最初に取り組むことは、ムダを省く決断を政治家がすることだ。断行すれば我々が約束した政策は、十分実行できる」と否定的な考えを示した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
小沢氏:特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問
民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」
陸山会事件:小沢氏3度目聴取 月内「不起訴」も
小沢幹事長:事情聴取、17日軸に調整か 東京地検
政倫審:小沢幹事長出席で閣僚ら公開求める 党には慎重論

<新型インフル>患者情報の対応分かれ 都道府県調査(毎日新聞)
裁判員裁判通訳人 選任基準あいまい 資格制度の必要性指摘(産経新聞)
自民中堅らグループ「新世紀」、世代交代推進(読売新聞)
自殺率「生活保護受給者」は2・5倍(読売新聞)
村井知事が再選不出馬表明へ=長野県(時事通信)