2006年05月13日

芸能界本日モ反省ノ色ナシ

85d88425.jpg

夜のヒットスタジオ,家族対抗歌合戦,トレードマークのパンチパーマ,サングラス,チョビヒゲで御馴染みだった、ニューブリードのバンマス・ダン池田の著書「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」を読みました。昭和60年発行。これで著者は芸能界を干された(引退した)んですよね?確か。まあ暴露本なワケですが、レコ大などの賞レース,オーデション,歌謡祭は、事務所の力によるモノが大きいだとか、まさか田原俊彦がレコード大賞をとると思わなかったから、楽譜を床に捨ててしまって困ったとか、あとはプロデューサーと新人タレントとの枕営業話し云々。ダン曰く「歌も上手くないジャリタレがはしゃぎまわってるテレビ界(歌謡界)にクソ喰らえだ!」には激しく同意。他には早見優は挨拶が出来ない。柏原芳恵が20歳そこそこで億単位の豪邸を建てたのに、自分は1千万の貯えすら無い事に不満を持ちつつも、歌ってる後ろ姿にムラムラ来てしまったり(鼻が敏感な彼氏、女性の出演者が多いヒットスタジオのスタジオはメ○スの匂いが臭くてたまらなかったとの事)、あとマッチは馬鹿だとか,俺は早くから会場入りしてバンドとの音合わせをしているのに、井上順は本番ギリギリに来てダジャレ言ってるだけだとか、年下のディレクターに馬鹿と呼ばれたり、自宅でクラシックを聴いている時、「俺はシブガキ隊とかジャリタレのバックで演奏をする為に音楽を勉強して来たのか・・・。」と自己嫌悪に陥ったり、毎日のように吐いたり、暴露というよりダンの愚痴って感じ。まあ日記だから仕方ないけど。他には自身の想像したくもない情事話しも収録。文章のラストが「どうすんのよ!俺!」「どうなっちゃうの!俺!」と自分自身に叱咤激励するのは、早すぎた「オダギリ・ジョー」って感じ。

そんな中、シビれるエピソードも。運の強い人が集まった芸能界。だから飛行機事故で芸能人の犠牲者が出ないといったジンクスがあったのに、「坂本九さんの日航機墜落事故死が信じられない」という話しの中で、かつて家族対抗歌合戦の地方収録の為、飛行機で移動中、着陸できないというトラブル時に、パーサーやスチュワーデスが「大丈夫です。落ち着いて下さい」と説得するも、パニックで騒然となる機内。そこで欽ちゃんが立ち上がり、乗客たちに「皆さん、ここには運の強い僕が居ます!ダン池田さんも乗っています!だから安心して下さい!」と発すると、機内の乗客が冷静さを取り戻したというから格好良すぎ!

ちなみにダン池田の”ダン”は、”ダンス”の”ダン”との豆知識。



s48917 at 09:59│Comments(5)TrackBack(0)お笑い・芸能・TV 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジャック   2006年05月13日 12:07
なんかものすごく興味あります(笑)
今度読ませてください。
早すぎたオダジョー・・・(笑)でもダン池田。
2. Posted by 悟   2006年05月13日 21:38
この本はブックオフで350円で購入しました。
(ちなみに山口百恵「蒼い時」は105円・・・。)
機会があれば持って行きますよ。テレビ局や
大きいプロダクション批判は痛快でした。
3. Posted by のびた   2008年02月22日 11:56
4 ダン池田氏の訃報からこちらにたどり着きました。
暴露本の内容が知りたかったのでスッキリしました。ありがとうございます。
4. Posted by どらえもん   2008年02月22日 15:05
4 私も、のびたさんと同様、ダン氏の訃報からたどりつきました。
当時の暴露本としては、ちょっと内容が行き過ぎていたのかもしれませんね。。
ありがとうございます。
5. Posted by 悟   2008年02月23日 04:08
のびたさん,どらえもんさん、書き込み
ありがとうございます。

ダン先生、近江先生とゆっくりお酒でも飲んで下さい。
合掌。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔