判決言い渡し後、菅家利和さんに対し、佐藤正信裁判長が謝罪した内容は以下の通り。

 「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり自由を奪う結果となりましたことを、この事件の公判審理を担当した裁判官として、誠に申し訳なく思います。このような取り返しのつかない事態を思うにつけ、二度とこのようなことを起こしてはならないという思いを強くしています。菅家さんの今後の人生に幸多きことを心よりお祈りし、この裁判に込められた菅家さんの思いを深く胸に刻んで、本件再審公判を終えることといたします」

【関連記事 足利事件再審】
菅家さんに無罪判決
裁判長が菅家さんに謝罪
傍聴券配布に1513人が列
元県警幹部「人生無為、申し訳ない」 
裁判所の証拠検討より慎重に
あれから、15年 地下鉄サリン事件

飲酒運転 都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)
免許照会で元不倫相手の住所探る=米とみそ送付、巡査部長を処分-鹿児島県警(時事通信)
岡田外相、密約関連文書破棄で調査を表明(産経新聞)
元気とどけ!播州鯉(産経新聞)
囲碁 飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)