民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」(会長・川内博史衆院国土交通委員長)は8日、国会内で会合を開き、今国会での法案提出は見送るものの、議連として法案を早急に取りまとめる方針を確認した。ただ会合では「可視化はマニフェスト(政権公約)に掲げられてはいるが、政治家個人の信条にもかかわる」など慎重な意見も出たため、賛成する党所属議員の署名集めを進めることも決めた。

【関連記事】
明石歩道橋事故で指定弁護士が元副署長を聴取へ
足利事件再審 取り調べ可視化めぐり議論
取り調べ可視化法案、今国会の提出は見送り
神戸地検が可視化の機材貸出へ 明石歩道橋事故で 
検察側に謝罪など要求 再審決定の「布川事件」で弁護団
「中国内陸部の資源事情とは…?」

官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足(産経新聞)
近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)
沖縄密約「全面開示」 どよめく原告 「一種の革命」(産経新聞)
大阪の小3ひき逃げ、70歳を逮捕 家族にうながされ出頭(産経新聞)
道路建設に財源、にじむ選挙対策=高速無料化の道筋見えず(時事通信)