成田空港で昨年3月、米フェデラルエクスプレス(フェデックス)の貨物機(MD11型機)が着陸に失敗し、米国人の乗員2人が死亡した事故について、運輸安全委員会は16日、調査経過を公表し、着陸直前に操縦かんを大きく押し込んで機首を下げる操作が行われていたことを明らかにした。

 これまでは、着陸時に風向きや風速が突然乱れる「ウインド・シア」が原因との見方もあったが、同委員会は警報レベルのウインド・シアの発生を否定し、強風の中で態勢を立て直そうとした際の操縦ミスが原因の可能性もあるとみている。

 この事故は、成田空港で死者が出た初の航空機事故となり、発生から1年が過ぎ、同委員会が調査経過を報告した。

過労死控訴 障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
<男性死亡>短期マンションで腹部刺され 外国人か…三重(毎日新聞)
関東北部の平野部、5センチの積雪予報(読売新聞)
平等院鳳凰堂 内部をCGで再現 極楽浄土の優美な色彩(産経新聞)
<普天間移設>県外移設の検討 平野長官も明言(毎日新聞)