警視庁の池田克彦警視総監は16日、城北信用金庫巣鴨支店(東京都豊島区)を訪れ、振り込め詐欺の被害防止に向けた取り組み状況を視察した。
 同金庫では10店舗で、現金自動預払機付近で携帯電話を使用すると音声が流れ、利用者に注意喚起するシステムを導入。声掛け活動にも力を入れ、昨年は19件の被害を未然に防止した実績がある。 

【関連ニュース】
振り込め詐欺で顔写真公開=1億2000万引き出しか-15日に集中警戒・警視庁
振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円
「おれおれ」被害、直接受領が半数=振り込め対策で緊急会議
「最後のとりで、声掛け徹底を」=振り込め詐欺で官民会議
振り込め詐欺で二次被害=「預保と関係」装う団体から4件

<介助犬>役割や現状訴えるパネル展始まる 東京・千代田区(毎日新聞)
産後ケアの運動体験=都内を視察-鳩山首相(時事通信)
密約文書開示訴訟 国が棄却求め結審(産経新聞)
「グリー」で呼び出し少女乱暴、容疑で組員逮捕(読売新聞)
北教組資金、民主・小林氏陣営側が違法性を認識(読売新聞)