春が巡るたび、会いたくなる。国指定天然記念物のエドヒガンザクラで日本最古、樹齢1800~2000年といわれる古木。この季節は花の周りを鈴なりの人が囲む。

 名の由来を尋ねると、実相寺の松永直樹(じきじゅ)住職が「はっきりとしませんが、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の折にこの地を訪れ、お手植えしたという伝説があり、神の代から存在したという意味で付けられたのかもしれません」と教えてくれた。

 北杜市教委発行の冊子によれば、樹勢の衰えから昭和23年に「3年以内に枯れ死する」と宣告され、旧武川村を襲った34年の台風では主幹が折れてしまったが、樹形を変えながら花を咲かせ続けた。近くに住む溝口正弘さん(75)は「満開の花はぼんぼりのようで、白ヒガンや群れヒガンと呼ぶ人もいる」と話す。

 平成に入り、車の排ガスや振動から木を守ろうと、すぐ脇を通っていた生活道路の迂回(うかい)路が造られた。幹周りの土も4年間ですべて入れ替え、栄養分の高い土に改良された。冬場は雪の重みから守るため、溝口さんら近所の人が雪下ろしを欠かさない。地域の人の手で脈々と守られてきた“村の宝”といえる。

 「子供のころは古木としてしか見なかった。でも素晴らしいと感激する人、手を合わせて拝んだり、元気をもらえたと言ってくれたりする人がたくさんいる。不思議な力を与えてくれる桜と思うようになった」と松永住職。花の美しさだけではない、木の生命力に心動かされる。満開は間近-。

【用語解説】山高神代桜

やまたかじんだいざくら 山梨県北杜市武川町山高2763の実相寺本堂南側にあり、大正11(1922)年に国天然記念物に指定された。平成18年の計測で根元周り11.8メートル、高さ10.3メートル。枝張りは東西17.3メートル、南北13メートル。満開近くなると、濃いピンクの花が白っぽく装いを変える。開花状況は実相寺ホームページで。

【関連記事】
AKB48が新曲イベント、桜の下で熱唱
東京都心、桜が満開 平年より4日早く
花見シーズン「桜に取りつかれる日本人」 外電報じる 
光に浮かぶしだれ桜、東京・六義園でライトアップ
京都で季節外れの雪 桜との共演を堪能

スーツケース遺体事件で男出頭=50~60代、関与ほのめかす-石川県警(時事通信)
<育児休暇>新人に「とってみて」…首長で初取得の文京区長(毎日新聞)
とっさの救命措置 駅員らに感謝状 千代田区のJR有楽町駅(産経新聞)
谷垣氏、与謝野氏と会談へ 慰留は困難か(産経新聞)
奨学金・公営住宅見直し 大阪府、財政再建へ6事業(産経新聞)