英会話学校を運営するジオス(東京都渋谷区)は21日、破産手続き開始の申し立てを東京地裁に行い、保全管理命令を受けたと発表した。負債総額は約75億円。ジー・エデュケーションおよびその親会社であるジー・コミュニケーションとの間で、ジオスの英会話学校の一部を譲渡することで合意、受講生に対する影響を最小限にとどめたいとしている。

 ジオスは昭和61年12月に設立、全国に英会話学校を展開してきた。しかし、景気の低迷や、平成19年10月の「ノヴァ」経営破綻(はたん)の影響で業界に対する信認が低下し受講生が減少、業績も低迷していた。

医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)
「基地移設反対」染まる徳之島 「甘い汁はいらない」(産経新聞)
日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)