インターネット動画投稿サイト「ユーチューブ」などで配信された公道でのオートバイ暴走映像をもとに、和歌山県警交通指導課と県警橋本署は4日、道交法違反(速度超過および通行区分違反)容疑で同県紀の川市貴志川町の会社員岩橋広明容疑者(42)を逮捕した。県警によると、ネット動画解析による最高速度違反の摘発は全国で初めて。
 逮捕容疑は、昨年8月16日午前8時50分ごろ、同県かつらぎ町の国道371号(元高野龍神スカイライン)で大型オートバイを運転し、指定速度時速50キロのところを時速188キロで走行。また、前の車を追い越す際に右側の通行区分を2回はみ出した疑い。
 同署によると、昨年9月「猛スピードで走るバイクの動画がインターネットで流れている」との情報が県警本部に寄せられた。動画にはメーターが時速200キロを超える様子も映っており、動画投稿者を特定したところ、運転者は知人の岩橋容疑者だったことが判明。動画を解析して実際の走行速度を割り出した。 

【関連ニュース】
三洋電機とフルHDデュアルカメラで提携継続=米アークソフト〔BW〕
「年末の住居相談」動画で紹介=鳩山首相
スーザン・ボイルさん出演も=NHK紅白
ホームレス襲撃装う画像、ネットに=「誤解招きかねない」学生に注意
マルチタッチ搭載の東芝ノートPC発売=イスラエルN-trig〔BW〕

<防水携帯電話>水害で無線機水没を受け購入(毎日新聞)
亀井氏、夫婦別姓に改めて反対「家庭に悪影響」(産経新聞)
再起訴19回で異例の引き延ばし、時効が成立(読売新聞)
<皇太子さま>アフリカ2カ国訪問を前に会見(毎日新聞)
がんを知るフォーラム 横浜で700人が参加(毎日新聞)