和歌山市の土地購入・借り上げ契約をめぐり、収賄と背任の罪に問われた元市長で現市議の旅田卓宗被告(64)について、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は22日付で、被告側上告を棄却する決定をした。懲役4年、追徴金300万円とした一、二審の実刑判決が確定する。
 旅田被告は拘置中に和歌山市議選へ出馬しトップ当選。2006年の市長選で敗れ、07年に市議に再当選したが、実刑確定により失職する。 

【関連ニュース】
普天間移設、現計画前提とせず=作業グループで米大統領に異論

福岡県町村会裏金、広がる接待汚染…新たに3人(読売新聞)
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望(医療介護CBニュース)
韓国製頭痛薬など販売目的で保管 食品店経営の男逮捕(産経新聞)
<漢検>鬼追理事長、3月末で退任へ(毎日新聞)
【自民党「苦悩」の現場】業界の支持団体 一枚岩 下野で変化(産経新聞)