西武鉄道株の名義偽装事件による株価下落で損失を被ったとして、企業年金連合会など16法人が、同社などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、東京高裁であった。稲田龍樹裁判長は賠償額を約237億円とした1審判決を変更し、約26億円の支払いを命じた。
 賠償を命じられたのは、西武鉄道とプリンスホテル(旧コクドを合併)、堤義明元コクド会長(75)。 

<銃刀法違反>容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡(毎日新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
「ニュースばかりみていた」ようやく帰国の日本人(産経新聞)
<訃報>佐田登志夫さん84歳=東京大名誉教授(毎日新聞)
不妊治療費助成の条件緩和などを陳情(医療介護CBニュース)