国公立大2次試験の願書受け付けが25日、各大学で始まった。受験生は、16、17日に行われた大学入試センター試験の結果を基に受験する大学を選び、出願する。締め切りは2月3日。

 文部科学省の集計によると、出願を受け付けるのは国立82校、公立73校で、募集人員は計約10万人。

 宮城県内では東北大、宮城教育大、宮城大の3校で受け付けを開始した。仙台市青葉区の東北大入試センターでは午前10時前、郵送で願書12通が届いた。職員は学部、前期・後期別に願書を仕分けして開封。書類に記載漏れなどがないか一通一通確認し、受験番号を割り振った。

 センター試験の結果によって門前払いする「二段階選抜」を予定しているのは、東北大の全学部など国立大38校の119学部と、福島県立医科大医学部など公立17校の41学部。

 2次試験は前期日程が2月25日から、後期日程が3月12日以降。一部公立大の中期日程は3月8日以降に行われる。

 新型インフルエンザに感染した受験生の受験機会を確保するため、今年は国公立大の大半が、2次試験の追試験を実施する。


<花粉>飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測(毎日新聞)
小沢氏を事情聴取=原資など説明求める-虚偽記載関与を捜査へ・東京地検(時事通信)
25日の小沢民主党幹事長の記者会見要旨(読売新聞)
発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営(産経新聞)
<中津川5人殺害>2審も原被告に無期判決 名古屋高裁(毎日新聞)