気象庁は1日、1月の天候まとめを発表した。前半は冬型の気圧配置が続き、東日本から西で気温が平年を下回ったが、後半は全国的に気温が平年を上回った。日本海側では一時、北陸を中心に大雪となり、新潟県十日町市では4年ぶりに積雪が3メートルを超えたが、1月全体の降雪量は、北海道や東北のほか、北陸から山陰で少なかった。
 1月の平均気温は北海道で平年を1.8度、東北で0.9度上回り、この影響で北海道の降雪量は平年の93%、東北は57%にとどまった。北陸は59%、近畿の日本海側は45%、山陰は48%だった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報
桜開花、平年より早め=ウェザーマップ、初の発表
「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日

貨物船火災 積み荷から激しい黒煙 ベリーズ船籍 福岡(毎日新聞)
新提案なら「検討の用意」=普天間移設で米国務次官補(時事通信)
<新聞労連ジャーナリスト大賞>毎日新聞記者らに表彰状(毎日新聞)
昭和基地で越冬隊交代式(時事通信)
書の甲子園 大阪市立美術館で開幕(毎日新聞)