「国民が幸せを感じていただけることが一番のプレゼントだ」。11日に63歳の誕生日を迎える鳩山由紀夫首相は10日夕、首相官邸で記者団から欲しいプレゼントを問われるとこう答えた。その後、官邸スタッフらが主催した誕生会に出席した首相は、「今までは政権を取ろうというのが誕生日の誓いだった。以前の方が楽だったと感じているが、苦があるから将来、必ず楽がある」とあいさつ。内閣支持率が下落する中、政権運営に苦しむトップリーダーの苦悩ものぞかせていた。 

【関連ニュース】
首相、じわり「脱小沢」=枝野氏起用、仙谷氏が進言
枝野行政刷新相が就任=首相「小沢氏も異論なし」
行政刷新相に枝野氏=非小沢系、首相起用へ
参院選直前の新党結成も=自民・舛添氏インタビュー
民主、くすぶる党内対立=予算成立後に再燃も

動物愛護団体の募金返還訴訟で原告敗訴(産経新聞)
高橋伴明監督、立松氏死去に「いつもニコニコと笑顔で菩薩のような人」(産経新聞)
外国人参政権の反対署名消える 兵庫・加西市議会 盗難の可能性も(産経新聞)
石川議員の辞職決議案を提出=野党3党(時事通信)
ブログで運動OK ネット選挙解禁へ改正案 民主研究会が要綱(産経新聞)