厚化粧した顔に長じゅばん、白足袋姿の若者が燃え上がる炎の周りを駆け回る奇祭「今尾の左義長」(岐阜県重要無形民俗文化財)が11日、同県海津市平田町今尾の秋葉神社で行われ、雨にもかかわらず約6000人が詰めかけた。

 正月飾りなどを燃やし、豊作や無病息災を祈る約400年の伝統行事。「どんど」とも呼ばれる。青竹で作った大きいもので高さ、底の周囲約6メートル、重さ約1.5トンもある竹みこし17基を、若者たちが担いで町内を練り歩いた。その後、神社に集まって次々に点火され、青竹が激しい音を立てて燃えた。火が飛び散る周囲を若者が奇声を上げて走り回ると、見物客からは大きな歓声が上がった。【子林光和】

【関連ニュース】
鬼祭り:「アオー」青鬼駆ける 愛知・豊橋で無病息災願う
重要民俗文化財:沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申
掘り出しニュース:伝統の奇祭「むこ投げ」
文化審答申:漁労用具など5件、重要民俗文化財に指定
阿月神明祭:あす柳井・阿月で /山口

石川衆院議員 離党「大変無念」落胆隠せず…帯広で会見(毎日新聞)
<訃報>小出まり子さん=小出宣昭・中日新聞社専務の妻(毎日新聞)
<宇高航路>3月廃止 100年の歴史に幕(毎日新聞)
首相動静(2月13日)(時事通信)
鳩山首相 小沢幹事長の続投確認(毎日新聞)