政府・民主党は17日夕、首相官邸で、鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長らによる首脳会議を開いた。夏の参院選マニフェスト(政権公約)を策定する「政権公約会議」(議長・鳩山由紀夫首相)のメンバーを決めるとともに、公約作りの実務を担う「マニフェスト企画委員会」の初会合を週内に開催する方針で一致した。
 政権公約会議のメンバーは、政府側が首相のほか菅直人副総理兼財務相、平野博文官房長官、仙谷由人国家戦略担当相、党側は小沢氏と輿石東参院議員会長、山岡賢次国対委員長、高嶋良充参院幹事長。
 首脳会議の開催は、今国会が召集された1月18日以来2カ月ぶり。政府と党の連携を図るため、国会開会中は毎週開くことを申し合わせていたが、この間、見送りが続いていた。
 中断していた背景には、小沢氏の資金管理団体の政治資金規正法違反事件に伴う政府・民主党内の混乱があったとみられる。17日の会議では、毎週水曜日に定例で開催することを改めて確認した。 

輿石氏土地疑惑「脱税の疑いも」 自民PTが視察(産経新聞)
<広末涼子さん>前方不注意で接触事故 東京・環状7号線(毎日新聞)
原爆資料館など視察=東ティモール大統領-広島(時事通信)
<民主党>国会改革関連法を了承 成立の見通しは立たず(毎日新聞)
公約作り、週内に始動=首脳会議を定例化-政府・民主(時事通信)