大阪市中央区の瓦屋町遺跡で、18世紀後半~19世紀前半(江戸時代後期)の縁起物や玩具とみられる小型土製品399点が、市文化財協会の調査で出土した。粘土を押しつけて土製品を作る「型」13点が含まれており、付近がこうした縁起物などの製造拠点だったことが明らかになった。

 獅子舞や狛(こま)犬、天神などの土人形198点(大きさ3~19センチ)、皿などのままごと道具56点、絵銭76点など。絵銭には、七福神の布袋や大黒天が描かれていた。

 型のほか、焼成に失敗した皿も出土しており、同協会は「付近が製造拠点だった」と推測。瓦質の土人形や釉薬(ゆうやく)の付いたままごと道具もあることから、瓦や陶器を作る職人も人形作りに携わっていたとみている。

 川村紀子・同協会学芸員の話「多種多様な製品を大量生産していたことがうかがえる。近くにあった幕府御用瓦師の寺島家がかかわっていた可能性があり、一帯は複合的な“工業地帯”だったのではないか」

<雑記帳>元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
まちおこしでコミケ開催=「魅力に気付いて」-水戸市(時事通信)
住民自ら判断も=集中豪雨時の避難-内閣府検討会(時事通信)
夜まで大雪の恐れ 東北(河北新報)
SOPHIAがライブ活動休止(時事通信)