舩戸歯科医院 しぎの歯科  フナピーの幸せ空間

 自分のモットー患者様の笑顔と安心感そして我々スタッフと笑顔とやりがいあふれる空間を目指して、しぎの歯科医院での日々を皆様にお伝えします。一緒に働くスタッフそして、家族のこと、学び、日々の自分への問いかけなど自分の想いをお伝えできればと思っています。よろしくお願いします。  

自分が歯医者になり,研修医をしていた時に,ある出会いがありました.
その先生は,自分の学んでいた障害者歯科の大先輩で,その分野では著名な先生で,
学生時代に講義も聴かせていただき,その時から密かに憧れていた先生でした.
国家試験に合格し,その先生と再会し,今後の自分のビジョンや,歯科医師として,
どう進んでいくか,希望は不安など,ぼんやりだらけの言葉をお話しした中で,ま
ずは,歯科医師として,自分の腕でしっかり自立できること,
つまりは,しっかりと手が動くことが大切だよと頑張りなさいと声をかけていただきました.

その後,その先生のご紹介で,研究室からの派遣という形で,週3回大学で研修,
週3回は関連病院で仕事という形で,学びと自立の両立をできるようにと,
機会をいただき,奨学金の返済など金銭的な部分も気にしながら,
大学にも残りたいという自分の希望を最大限,応援してくれたこと今も,
ありがたい気持ちが思い浮かびます.週3回の勤務で当直を2回こなし,
体力的にはへとへとでしたが,頑張りが,歯科医師としての成長にあらわれることのしんどさよりも,
うれしさとやりがいにあふれた時間で今でも,懐かしく思い出します.

その中で,毎週1回は,一緒に働かせていただく機会をいただき,夜いつも,
食事をしながら,悩みや歯科医師としての今後の方向性を一緒に考えてくれました.

その時間があったからこそ,今の自分があると言っても過言ではありません.

今,自分自身若い先生を教えさせていただく立場になり,思うことがある.
あの時の恩を今,これからの世代を担う若い先生につないでいこうという想いです.

大学を退職し,地元にもどり,10年前後の歳月がたった時,
恩師の先生にお会いした際,その時の感謝の気持ちをあらためて伝えることができた時,
『自分も先生と出会えたことが財産であの時,君の頑張りが自分にとっても,
貴重な時間だったんだよ.こちらこそ,ありがとう.』

この言葉を聞いた時,自分自身も恩師の先生ほどのことができるかはわからないが,
若い先生にとって,自分がそんな存在になれるように,恩師のいただいた恩を若い先生に
つないでいこうと力強く,心に刻まれた瞬間でもあった.
まだまだ,どこまでもことができているかはわからないけど,
損得勘定でなく,人と人として,見返りのない,自分がさせていただけることを
自分のできることをさせていただこうと思う.


○○for message○○

 人との出会いは,偶然の中の必然なのではないかと,年齢を重ねるたびに,感じる.
自分が相手にとって,どんな存在になるかは自分ではわからないし,
相手にどんな人になってほしいと,期待をしてもいいが,おしつけてもダメだと思う.
自分ができることは,きっといい方向に,進むと信じ,相手の歩幅を確認し,
長い目線で信じれる自分でいたい.

先月のはじめ,同じ職業で,個人的にお世話になっていた,先生が亡くなられた.
まだ,40代,自分とほとんど年齢も変わらず,お子さんお二人は自分の子供たちと同じ年,
まさに他人事に感じることができなく,そして,自分自身の命のことも,
深く深く,考える時間にもなった.

大腸ガンが3年前にわかり,闘病する中で,けっして,生きることをあきらめず,
最後の最後まで,弱音をはかずに病気と向き合っていたと奥様の言葉があった.
誠実な性格で,言葉少ない中にもいつも,気遣いと優しい気持ちを持った素敵な先生で,
自分もお会いして一瞬にして,ファンになった.

患者さんも引越しなどで,先生の近くに行かれる場合は,心から信頼し,
紹介できるそんな先生で,互いに紹介をし合えることも嬉しかった.

彼は闘病中も自分の
SNSに闘病のこと,家族,子供との日常のこと,仕事のことと,
最後まで投稿し,応援する友人たちがいつも,応援するメッセージにあふれていた.

自分自身も彼を応援したい気持ちもありながら,気軽に頑張れ,いいねということが,
失礼に感じ,想いを伝えることを控えていた自分がいました.
彼から教えていただいたことは数えしれない,
一番そばにいてくれる家族との何気ない時間がどんなに幸せな時間なのか,
元気に仕事をできることがどんなにありがたいことなのか.
時間はけっしてとまらないこと,誰一人,明日が確実に生きることの保証はないこと,
毎日を一生懸命生きること,想いを伝えたい人がいて,
伝えたい人が生きていることのありがたさ,
今のこの気持ちを人生の中で深く深く刻みたい.
一瞬一瞬を,本当に真剣に納得して,そして,感謝を持って,生きていきたい.
自分は彼のことを一生忘れない,そして,いつも,彼に恥じない生き方をしていきたい.

⚪︎⚪︎for message⚪︎⚪︎ 

 人が不平不満をいえることって,もしかしたら,ものすごく贅沢なことなのかもしれない.
今,この自分が生きている時間は,大切な人がもっと生きたいと思った時間でもある.
時間はとまらない.そして,自分の命の時間も進んでいく.
いつも,いつも,毎日を納得できるような時間を過ごしていきたいし,
いつか,するのではなく,今,できることを日々目指し,進んでいくとおもえるような
時間の使い方をしていきたい.

先日長男の8回目の誕生日を祝うことができた.
8年前に夜中に陣痛があり,15時間後,夕方に生まれたのを,
昨日の事のように思い出します.

今思い返せば,結婚をして,やっと社会人としての自覚を感じたようにも思い,
長男の妊娠がわかったとき,嬉しい気持ちと,まだまだ,自分自身人として,
未熟なのに親としての責任が果たせるのか?と不安も感じたこともある,でも生まれた瞬間に,
そんな不安な気持ち以上に,もっと,頑張って生きていこうと思った気持ちを思い出す.

毎年,年齢を重ねながら,成長し続ける長男と共に,自分も人として,子供に教えてもらうことが多い.自分の父親が小さい時,土日も関係なく,ほとんど家にいないで,過ごしていたように
感じたこともあり,自分はもっと家にいるような父親にと思っていたが,
母親いわく,父親そっくりでびっくりしているという話をしていた.

60を過ぎても,自分の仕事を好きで,さらに追求する姿は,
幼い時のイメージと自分が今,社会人として,見る父親の姿をみると,
心から尊敬することができる.自分自身は二人の子供にどんなことを伝え,
どんな言葉を交わし,どんな時間を共にしていくのか,日々考える.
あっという間に巣立っていくであろう,子供たちとの時間を忙しい中にも,毎日毎日を
日々大切に過ごしていきたい.

人間は,当たり前のことが当たり前になるとついつい欲ができてしまうのかもしれない.
元気で生まれてくれたらといいながら,勉強も頑張ってほしいし,
友達とも仲良く,いい子でいてほしいと,外面をみてしまう,
でも,いいことも悪いことも,心で理解し,悩み,考え,
幸せは人と人との間にあることと,時間がかかっても,どこかで気づき,
真の自立ができることを心から信じ,応援できるような親になれるように,

自分自信も日々を一生懸命生きて,成長していきたいと思う.

生まれてくれてありがとう.そして,家内には産んでくれて,ありがとうと伝えたい.


⚪︎⚪︎for message⚪︎⚪︎

 自分の足で,歩き,一歩一歩進む中で,今の利便性に富んだ社会,情報の多様化の時代,
もしかしたら,自分で考え行動する機会を奪っている可能性もある.
自分で考え,悩み,そして,人と協力し,価値を見出し,伝え,そして,形にし,
そして,それをまた,継承する.
一人一人が,それぞれの自分の価値に気づき,輝く社会になれるように,
自分たち,先を生きる大人がもっと輝いて,大人って楽しいと思ってもらえるような
生き方をして,次世代の子供立ちにそんな未来をバトンタッチしていきたい.そんな気持ちを大事にしたい.

先日の4月1日で独立開業して,3年が経過しました.勤めていた法人を任せていただいたのが8年前その後,医院を引き継がせていただき,自分の歯科人生の中で半分以上は,このしぎの歯科での時間となってきた.あっという間な気持ちと,一つ一つの出来事を思い出すと遠い昔のような気持ちにもなります.その時,その時は必死で,振り返る暇など当然なく,何が正しく,何が間違っていたのか,答えのない難問だったと思うことも多々あります.そんな中,振り返ると,はじめてこの鴫野の地で診療させていただいた,8年前,独立した3年前,そして,今,この歩んできた軌跡.多くのスタッフ,仲間,愛する家族,恩師の支え,そして,継続してきてくださる患者さん,ありがたい気持ちしか,思い浮かばない.この軌跡はまさに奇跡の連続だったと思う.お口の健康を通じて,長い人生の中で共に年を取りながら,長いおつきあいをしていきたい.地域の方々のお口の健康と通じて,歯科医師としての仕事をさせていただき,お口の悩みをもった困った方の力になりたい.そんな気持ちは今も,変わらず自分の中に大きくある.一緒にその中で働いてくださるスタッフの方々の人生の中で,仕事を通じて,社会の中の人材から人財として預からせていただいている気持ちはさらに強くなる.その中で,長く勤めていただける仕組み作り,やりがいを持って,向上心を持って働いていただける医院作りは想いと共に,まだまだですが,チーフ,サブリーダーをはじめ,一生懸命に働いていただいているスタッフには感謝の気持ちで溢れるばかりです.これからの1年後,3年後,5年後,10年後さらに進む道をまた振り返る時に,もっと,笑顔で,充実した自分でいたいと思う.まだまだ,3年,気合を入れつつ,感謝と笑顔で明日も過ごしていきたい.

◯◯for message◯◯

 10年前の自分は,今日の自分を見た時,どんな言葉をかけるだろうか?今日の自分が10年前の自分に声をかけるとしたらどうだろうか?10年後の自分に,どんな言葉をかけたいか?『頑張ってる?』『もっとできる‼』『これから,これから』『あきらめるな‼』いろんな言葉が浮かぶ・・・歩んできた軌跡の中で今日の自分を選択して進んだ自分に自信と誇りを持って,明日に進みたい.3年5日目も一歩一歩・・・

人を指導する立場になった場合,いろんなリーダーシップの形があると思いますが,自分自身も常に感じることですが,人は立場や役職で,動くわけではなく,人間的な魅力で人が動かないと必ず組織は難しいと考えています.チーフだから,院長だから,歯科医師だからえらいわけでなく,その上に立つ中で,どのような人間的な魅力を磨けるかだと思います.ありがとうが飛び交うような組織でいたいのであれば,自分自身が一番感謝を伝えないといけないですし,助け合える組織でいたいのであれば,自分自身がまずは助ける姿勢を見せないといけません.

 自分自身も以前の勤務先で副院長として役職をいただき,後身の指導,スタッフ教育などをさせていただく中で,かなり空回りをする中で,うまくいかない原因を模索する中で,このことを日々痛感した時期があります.自分自身がまず,そのような役職としてのあり方そして,役職関係なく,この人のことなら,言うことを聞こうとか,言っていることとしていることが自分自身が違うっても,人がついてきません.

 よく,役職をついた直後にありがちなのは,人が動いてくれないと悩むことがほとんどです.その中で,人は役職で動くわけでなく,自分の人格,人柄,そして相手の関係性すべてに関係するものだと考えています.ただ,自分自身の成長の中では,逆のこともいえます.役職,立場がつくことで,成長できるチャンスがあります.上に立つ中で,自分が完全に上司にふさわしいと思って,管理職になることはまずなく,必ず悩み,うまくいかない時期がある中で,そのような学び成長できる機会をいただいたと思い,人間的魅力を磨くチャンスと思い是非,進んでください.歯科医師としてスタートする皆さんは,スタートから上司としてスタートします.その中で,責任とそして学び,成長する大切さ,そして,自分自身の立場を全部なかったたとしても,どのような関係性でいるのか,是非考えてみてください.

◯◯for message◯◯

 この人のためなら人肌脱ぎたい,この人についていきたいと思ってもらえるようなかっこいい背中を見せているかどうか自分自身もまだまだ自信はでませんが,かっこ悪くても,言っていることを,やっていること,相手にお願いすることは,自分自身が一番大切にして,仕事に取り組まないと,働くスタッフが納得して,動かないと思う.どんな背中を見せているか.日々問いかけてほしい.あなたが憧れていた人を是非思い出してみよう.

先月より,今,勤務されている先生のご紹介で4名の新卒の先生が見学に来ていただきました.縁があり,当院を見学していただけただけでも,ありがたいことですが,その中で当院に是非勤務したいと言っていただけることになり,勤務希望で面接いただきました.歯科医師としてのスタートを当院で迎える中で,自分自身も絶対にここの医院に新卒できてよかったと思っていただきたいし,来ていただいた先生にもこの医院だから成長できると思ってもらえるような環境とたくさんの医院から選んでいただいたことへ後悔させたくない気持ちもある.この10年くらい新卒の先生と働かせていただく機会が何回かありましたが,この中で大切なことは,互いの気持ちを大切にし,決して一方通行になってはいけないとうことだと思う.育たないのは,システムに合わせて,努力しない勤務医が悪いということも違うし,入ったら入ったらで,忙しさを理由になかなか面倒をみてくれないという院長側の問題もよく聞く話でもあるし,最近の若い先生はという言葉はどの年代も言われた話で,自分は,今の若い先生方がもしかしたら,国家試験も難しくもなり,学力的には優秀なのではないかとも考える.人材を今後の社会でも役に立っていける人財になるかは,自分自身の関わり一つだとも思う.人それぞれ,必ずいいところもあれば,苦手な所もある.自分をみても,欠けているものばかりで,たくさんの人に支えてうただき,必死に補って生きてきたように思う.相手の気持ちを大切に,何より,目の前の患者さんに誠実に,そして,一緒に働くスタッフを大切に協力し,絶対に立派な先生になることを信じて,夢と希望と,多少の不安を持って,信じて勤務してくれる先生を迎え入れたい
⚪︎⚪︎for message⚪︎⚪︎

 医院の経営者として,数値を見ながら,人を雇用することには決まった現実がない中では正直,悩まないわけではないし,不安もよぎらないわけではない.でも,『医院=人』だし,その不安はまだまだ自分一人でしなきゃといけないと,思っている裏返しなのかもしれない.新しく出会う仲間と,この医院でよかった‼と思ってもらえるような医院でいたいし,この医院をもっとよくしたいと思ってもらえるような環境と作り,医院をもっと,もっと自分にとっても,スタッフにとっても,地域の患者さんにとっても,大切な存在になれるように,自分の与えられた今の立場,時間を,そして,命を燃やしていきたい.

 自分が医院マネジメントでいつも,教えをいただいている京都でご開業されている
竹屋町森昭先生より,教えていただいた言葉でエスパーニーズというものがあります.

エスパーニーズとは,自分が困っていることや伝えたいことをは,必ずしも,わかってほ
しい相手には伝わらない
ということです.
でも,人はつい,自分が困っていることを表情や,感情や,声のトーンなどでなんとなく
『わかってほしい‼

ということから,ついつい言葉にしないことで伝えたいということになりがち
です.
で,その上でわかってくれないとなんで,自分はこんなにいろいろサインを
出しているのに気づいてくれないのか
とさらにイライラするということがあります.

でも・・・,それは相手が悪いのでなく.自分が相手に何を困っているのか,
伝えれてないことが問題の事が多い
です.

 
今,勤められている院長先生ももしかしたら,イライラすることも多いけど,
もしかしたら,院長先生が何に困っているか教えてくれたら,手伝えるのにという
瞬間だったり,イライラしているから余計に近づかないようにと思ってしまいたく
なることもありませんか?
もしかしたら,自分も同じことをしているかもと考えてください.
人はエスパーではないので,あなたの心の中を覗くことはできません
何が困っているのか?何を手伝ってほしいのか?
今,自分自身がどんなことを思っているのか?
相手に素直に自分のニーズを伝えることが,結果的に相手に,
自分を理解していただくことの近道
になります.

 
もちろん中には,あなたに気持ちに寄り添い,その気持ちをわかってくれる方
もいらっしゃるかもしれません.そういう方は,もちろん,ありがたい存在
で心強いですが,皆がそういうわけではなく,けっして,わかってくれないのでなく.
わかってあげたいけど,わからないで困っていることもある
という視点を是非持ってみてください.

⚪︎for messege⚪︎

 『今,実はで困っている.でお願いしたことがある.』そういう自分の中で
感じている感情を素直に表現してみよう.あなたが,困っていることをわかろうと
してくださる方は,あなたが思っている以上に周りにたくさんいます.
もちろん,あなた自身も相手のそのような感情にフォーカスできるように,
気遣いのできる人間を目指していきましょう.

よく,多くの経営者の方や成功者の方のインタビューや本などで,人への感謝の必要性をよく説かれています.相手への感謝,毎日の出来事への感謝,いろんなことで感謝を感じる場面があると思います.若い頃や,自分に自信が持てない時や前向きになれない時は,もしかしたら,人への比較,優劣を感じていると感謝すること自体.難しい時期があると思います.自分自身も同じような感情を持ったことも当然ありますが年齢と共に少しずつ,素直に感謝の気持ちを伝えれるようになりました.ただ,その中で『感謝は周囲への気配りをしながらしなければならない』といような感覚があったのですが,転機が訪れます.その転機とは10分で自分の夢を発表するというドリームプランプレゼンテーションというイベントに出させていただいたことでした.このことはまた機会があれば,別でお話ししますが,自分の夢を真剣に1年間費やし,多くの方の支援のもと,『自分が本当はどんな人間なのか?なんの為に生きるのか?今後,どういう人生を歩んでいきたいのか?』を真剣に考えた1年を過ごす中で,多くの方に話しを聴いていただき,いろんな考え方をシェアしたりする中で,一人では本当に何もできないことを実感し,多くの方に助けていただいた経験から,がらっと.この感謝の定義が変わりました.これが正しいかはわかりませんが『感謝とは,するべきものではなく,目の前にただただ溢れて,現れてくるもの』と私自身は考えています.何かをしていただいたから,何か助けていただいたら,側にいてくれたから,もちろんそんな側面は当然ありますが,『心で願っていること,今,この空間で過ごせていること,今,目の前にいる方と同じ空間にいれること,朝,起きれて,何事もなく,夜,寝れること.何かトラブルが起こっても,今,考える時間があること.』など『当たり前のことは何一つ,この世の中なく,今,この感謝に溢れる世界でこの一瞬一瞬を大事に生きていくこと自体が素晴らしいこと』なんだということを学ばせていただきました.もちろん,そんなことを言っても,しんどい気持ちになることはありますが,自分の原点は常にここにあります.あなたにとって,毎日が素晴らしい一日一日となる,魔法がきっとここにあります.

⚪︎for message⚪︎

あなたが見ている世界を是非,感謝というキーワードのフィルターを通して見てください.そしたら,きっと,違う視点,視野が広がり,今まで,見えてなかった,周囲の笑顔,笑い声,優しい眼差し,応援,いろんな情報をキャッチします.人間はけっして,一人では生きれません.多くの方と時間,想いを共有し,成長していきます.肩の力を抜いて,一言,『ありがとうね』その一言が,あなたに新しい価値観を共有できる一歩になります.

昔,小さい頃,運動会の時,早く走っているお兄さんを『すごい‼』『かっこ
いいな』『あんな風に早く走りたい』そんな風に思ったことはありませんか?今,
仕事をしていて悩む中で,是非モデルを見つけることは非常に大事になります.
では,どうやって見つけるか?これがなかなか難しいですよね.もちろん,身
近な院長先生,先輩Dr を是非モデルをしてほしいですが,近すぎると本当の凄
さというのは,後から気づくことも多いです.少し,自分のエピソードをお話
しします.大学を卒業し,本格的な勤務医をスタートする中で,医療というキ
ーワードと勤務医として経営にたずさわる部分で上手くこなせない時期があり
ました.いい治療をしていきたいという部分とたくさん来られる患者さんを上
手く診ていかないといけないプレッシャーや,先輩Dr とのコミュニケーション
で上手くいかないこともあり,すぐに辞めたいと思った時期もありました.そ
んな時,ある先生の講習会に参加させていただきました.その先生は3年ある
医院で副院長として大活躍の後開業され,その成功体験を開業セミナーで講演
されるとい︎うものでした.当時の自分は勤務医で活躍するというイメージも,
開業することもイメージできない状況です.自分の中では,コンサートで一番
前に陣取るつもりで一番のりし,講演される一番前を陣取り,講演を聴いたの
を今でも思い出します.講演の後,勇気を持って名刺を持ち,挨拶に行き,『い
つでも見学おいで‼︎』その言葉を素直に嬉しく,翌月には,一日中医院を見学さ
せていただき,夜も食事をしながら講演ではお聴きできないお話しをお伺いで
きました.その後,いろんな形で縁をいただき,お会いする機会があり,今で
も憧れでもあり,目標でもあり続ける先輩です.今でも思います.もしあの時,
講演にいかなかったら,もし,あの時,一番前に座らなかったら,もし,その
時名刺を持って挨拶をしてなかったら,きっと今とは違う,歯科医師人生を迎
えていた可能性があると思います.あなたの気持ちが,しんどい時こそ,先が
見えないときこそ,自分の足で動いてください.あなた自身があなたの未来を
切り開きます.

⚪︎for messege ⚪︎
あなたがあなたらしく成長するには,今までの道を先に進む方に会いに行こう.
世の中はあなたが思っている以上に広くて,面白い‼︎

 あなたが今,悩むことの卒業したての時は,まずは技術の習得にまず,悩んだり,焦ったりすることが多いのではないでしょうか?卒業し,それぞれ,大学病院で研修をしたり,開業医で就職したり,いろんな形で歯科医療に従事されていると思います.その中で,久しぶりに会った同級生との会話は『歯周外科をやってみた』『インプラントのオペに立会い,次回執刀する』など,患者さんのお悩みに耳を傾けないといけないですが,周りが自分がしていない処置をするとものすごく焦ったり,自分が今,この医院で大丈夫なのかと不安を感じたりすることはないでしょうか?そんな中,求人面接をさせていただく中で1年とか数ヶ月とか,短期間で医院を退職される若い先生もおられます.もちろん,受け入れる医院側の問題もあるときもあるでしょう.

 しかし,結論から言います.何もできないあなたを手取り足とり,教え,できない治療をできるようにすることを医院でシステム化し,いいお給料を得ることは自分の経験では絶対難しいと考えています.みなさん,仕事以外での時間に練習をし,わからないことは自分で調べ,休みの日を技術習得したり,講演会に参加したり,影の努力が必ずあります.その中で,自分がフィットする医院を探すのはなく,あなたが医院の役に立ち,自分がフィットするように是非心がけてください.そんなえらそうに自分も今でこそ行っていますが,周囲への焦り,今の場所でいいのか?悩んだ経験はもちろん自分もあります.仕事をするすべての人にいえることかもしれませんが,卒業したての代診の先生は,できないことをわかっていてこようしていただき,トレーニングをしていただき,なおかつお金をいただき,仕事をすればするほど経験を得て,プロフェショナルになれるわけです.

 是非,不満や不安を言う暇があれば,是非医院に役に立つ,ことを考えてみてください.技術が不安でも,患者さんの不安を聴くことはできないのか?そのことに対して,誠実に質問にお答えはできているのか?一生懸命頑張っているアシスタントの方に感謝の気持ちを伝えれているか,忙しければ,片付けや何か自分のできることはないか?

 自分がその中で恩師に言われたことは『まずは3年どんなに嫌なことがあっても,つらくても辞めずに続けなさい.辞めグセは一生続く,辞めるなら惜しまれるような人間関係を構築して辞めなさい』と言われたことを守りました.今,この言葉を振り返って思います.信じてよかったと,どんな医院でせよ,あなたと縁があり,雇ってくれた先生です.今,小さな問題や,不安もあるかもしれません.院長が何もしてくれないと思うのでなく,あなたが院長と一緒にその問題の解決をお手伝いできるように右腕になってみようと決意してください.決意したその日から,今までの問題をみる視点が必ず変わります.文句をいうのは簡単です.文句をいうのではなく,その問題に自分だったらどう解決するのか,あなた自身がどう行動するのかそう考えると,医院に対して不平をいう立場から,医院を守る立場に変わります.あなたがもし開業した時,文句を言っている立場から急に.自分で問題解決をしようとすることは極めて困難です.開業したら頑張るのではなく,今から頑張ることがあなたの人間的な魅力をあげます.文句を言っている先生,小さな問題も改善とし,努力をする先生,あなたがスタッフだったらどちらについていきますか?

○for messege○
短期的に悩んでいることは長期的にみればそれがあったから大きな自分の経験となり,自信につながります.あなたが悩むことは,きっと次世代の先生も悩むこと,今,いる場所で今,いる目の前の人を元気にすることで,是非努力を続けてください.まずは3年,5年,7年,10年,振り返すとあなたのその経験をまた,伝えて欲しいという方が必ずあらわれます.

このページのトップヘ