舩戸歯科医院 しぎの歯科  フナピーの幸せ空間

 自分のモットー患者様の笑顔と安心感そして我々スタッフと笑顔とやりがいあふれる空間を目指して、しぎの歯科医院での日々を皆様にお伝えします。一緒に働くスタッフそして、家族のこと、学び、日々の自分への問いかけなど自分の想いをお伝えできればと思っています。よろしくお願いします。  


昨日の新聞を読んでいて、失業率の増加や、求人倍率が減少している記事を目にしました。
 
我々、事業主としてはここ数年採用活動に関しては、確かに以前とは違う難しさを感じていたのも事実です。

もしかしたら、求人を探されている働く方の中では
また、今、働いている方で転職をしようと思っている方の中には

企業に対して、どのような気持ちを持っていたか?


また、リーマンショックの時のように我々、雇用をさせていただく立場の者にとっては
この時期にどのような気持ちで、今、働いているスタッフにも接し、また、先が見えない中
事業を継続しながら、採用活動をしていくのか?


どっちが有利、不利ではなく

自分自身は、いい時も悪い時も、
働かせていただいていた時の気持ちを大事にしたいし
独立開業して、初めて人を雇用させていただき、その方の人生を預かっているという気持ちを持って
大切に一緒に働くという気持ちも大切にし
地震や、台風のような天災とも違う、ウィルスの恐怖も含めて、不透明だけど、明るい未来を信じて
今回の事態を必ず乗り切り、進むという覚悟を持って

時代、人、世間に流されず、

自分自身ぶれがない自分でいたいと思います。


大変な局面ではありますが

わけのわからない言った言わないという歪みあい
権利を主張すること
自分が正しいということを曲げないこと

テレビやニュースでもそんなことを取り上げることが多かったかもしれませんが

今回の件で、
いかに日常の当たり前がかけがえのないことで
それらを言える社会自体がある意味平和な証拠だったのかもしれないと自分は感じていて

一瞬でもいいので、当たり前のことはなく、そんな人の事で話す暇があれば、もっと今、目の前にいる
家族、一緒に働くスタッフ、関わる人との時間を大切にしたいと自分自身も
わかっているし、普段もスタッフにも伝えていたことがさらに自分自身心の底に落ちて
入った気持ちでいます。

人と人との絆、支え合い、日常への感謝

平和で、物に溢れて、情報も自由で

戦争を知らない自分たちの世代が

今、この時だから感じている今をしっかり心に刻み

明日を生きていくこと

この気持ちは変わらない自分でいたいと思う。

そして、次世代につなげれるような
志を持って

明日も過ごしていきたい。

 

臨時休診中に、感染予防対策として、
出来る限りの準備を進めてます。

診療の備品も、品不足はもちろんですが、

病院特有の消毒、感染予防の器材ものき並み、売り切れており、おやすみいただいてる間に
業者さんの協力をえながら、患者さん、スタッフまた、そのご家族の方により安心していただけるように最大限の準備を進めていきたい。

IMG_9275
IMG_9274
IMG_9271

ホームページでも掲載させていただきましたが,
4月7日の政府から発令されました新型コロナウィルスの蔓延における緊急事態宣言を受けまして
4月8日以降はメンテナンス及び緊急性のない治療(概念が非常に難しいですが),抜歯,インプラントなどの手術で発熱を伴う可能性のある処置を延期させていただき,先週の18日まで応急処置及び,20日から5月6日の臨時休診のためのキャンセルの電話やハガキの郵送などスタッフ全員で取り組みました.

メディアでも歯医者さんは危ないのではないか?とい番組と,肺炎予防.重症化予防のためにメンテナンスの意義も伝えられる番組もNHKでも取り上げられるなど,患者さんも働くスタッフも不安と葛藤を感じる日々で,我々歯科医師も非常に判断がむずかしいと感じました.

これだけは言えるのは
臨時休診を決断した先生,
患者さんの要望を応えるべく,応急処置のみの対応を決断した先生,
スタッフの雇用のために,安全性に配慮して通常に近い診療をする先生
どの形がいい,悪いとかはなく,
それぞれの先生が,大きな決断をして,それぞれが悩み結論をつけた英断をされたと自分は考えています.

もともと,B型肝炎,C型肝炎,HIVなどのウィルスなどの感染対策で歯科医院は常々,危険性を回避して診療に望む,職種ではありますが,エアロゾルの滞留の問題点,スタッフの安全管理を踏まえて,歯科医院のあり方を考え,さらなる感染予防対策を準備しながら診療再開に臨む予定です. 

ご迷惑をおかけいたしますが,臨時休診に至った経緯ご理解いただけたら,ありがたく存じます.

歯科医院においても,医科と同じく,マスク,手袋,アルコールなどの消毒関連,感染備品は,今まで経験のしたことのない,品不足,購入できたとしても,高騰を踏まえ,大変な時期を迎えますが,

今,自分のできることを準備して,考え,行動そして,その中で出来る限り,心を込めて,毎日を過ごしていきたい. 

4月1日に
入社式を行いました。

新しく入っていただき、新しい風を
流れ、毎年、医院にとっては大切な時間となります。

例年とは違うマスク着用、ソーシャルディスタンスなど配慮しながら、医院の大切なことをお伝えしました。
  
研修さなか、緊急事態宣言、臨時休診と
新しく入っただけでも、緊張するなか違う、ストレスもたくさんあったでしょう。

ご縁が繋がり

出会えたことに感謝し、

自分としては、先を見据えて、

大切な人財として、お預かりし、

現在いるスタッフと共に大切に毎日を過ごしていきたい。
IMG_9138
IMG_9121

お正月あけに

去年大ヒットした

日清食品の会長をモデルにした

まんぷく

で話題になった安藤百福さんが作られた

博物館に行ってきました。

50代から

インスタントラーメンを発明し

大企業に育てた

ことを考えると

40代になったばかりの自分も

まだまだ、もっと想像力、好奇心を大事に

毎日を過ごしていきたいとあらためて

思った時間でした。
IMG_8057
IMG_8054
IMG_8061
IMG_8069


先月、スタッフの方が一人
卒業され、新型コロナウィルスの
こともあり、医院でささやかですが、
みんなで、送別会をしました。

新しい目標にむけての卒業

寂しくなりますが、

新しい旅立ちを心から応援してます。

ありがとうございました。


IMG_8246

患者さんの治療にあたる中で、

被せ物を入れるにあたって

プロビジョナル(仮歯)を入れる必要性があります。

歯肉の状態を整える
隣の歯、かみ合わせの歯が動かないように  
噛み合わせが安定しているか

基本的には技工士さんに作製していただきますが、

最近、再度歯の形態、
作製する中で、

削る量をイメージするために

自分でも作製しています。

その中で技工士さんからオススメの書籍を購入

しっかり読み込んで、
学びを深めていきたい。

IMG_8253
IMG_8375

先日、口腔内スキャナーのデモに、来ていただき、ドクターみんなで、実機を体験させて頂きました。

印象をする時間と患者さんの、負担が減り
技工士さんも模型をとりにくる時間がいらない。

技工士さんの不足が昨今深刻ななか、必ず必要な時代がくるように感じてます。

導入に関してはまだ未定ですが、

時代の流れには敏感にいたいと思います。
IMG_7458
IMG_7454
IMG_7450

2020年もあっという間にスタートしました.

今日はお正月明けの仕事始めでしたが,スタッフが元気に再会でき,
朝礼からみんなでスタートし,自分も気を引き締めて,診療させていただきました.
1日があっという間に無事に終了しました. 

年末は,何気ない時間に感謝しながら,
2020年の医院や家族でこんな1年にしていきたいと思いながら,

片付けや読書や事務仕事もしつつ

自分は家族とゆっくり過ごしました.

年々,時間の過ぎる早さに

焦りもありますが,

今しかできないこと,

そして,今しか感じれない気持ち

を大切に,日々の診療を通じて,患者さんのお口の健康をお手伝いを通じて,健康を維持するお手伝い

そして,スタッフ一人一人の人生がそれぞれ描く素敵な未来を祈りつつ,一緒に働かせていただける時間を大切に,それぞれの成長を見守り,

日々の診療や勉強の時間を心からサポートしてくれている家族にももっと元気な背中を見せれるように

日々努力し,そして笑顔を絶やさず,2020年も全力で進んでいく所存です.

本年もどうぞ,よろしくお願いいたします.

 

先日の休みに

子供と、映画に
行きました。


ルパン3世を久しぶりに見ましたが


自分も小さい頃から


見ているアニメを親子二代で見ることに

考え深いものがありました。

自分が小さい頃の

映画館は今のようにたくさん会場がなく

2つくらいで

舞台があり

始まると、カーテンが開くような記憶が残ってます。

まだ昭和の時代を感じますが、

小さいお子さんは

舞台の袖にすわり

見ていても怒られず、入れ替え制でなかったので、途中から見ても2回目の上映を見てもよかったのを思い出します。

デジタル化が進み

たくさんのチャンネルが、テレビもあり

ネット配信

YouTubeなど動画が気軽に見れる時代に

なってますが


映画館でみる感覚


自分が小さいころに

親に連れて行ってもらった記憶のように

変わりゆくものと

変わらないものを感じながら


楽しんでまた、見にいきたいとおもう。





このページのトップヘ