宇宙航空研究開発機構は15日、大阪府東大阪市の関西サテライトオフィスで、5月18日に打ち上げ予定の日本初の金星探査機「あかつき」に相乗りすることが公募で決まった小型人工衛星4基のうち、3基を公開した。
 3基は早稲田大などが開発した「WASEDA―SAT2」、鹿児島大の大気水蒸気観測衛星「KSAT」、創価大の「Negai“☆」。いずれも一辺約10センチの立方体で、あかつきとともにH2Aロケットで打ち上げられ、地球上空約300キロの軌道を周回する。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」

<JR北海道>特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
<平等院鳳凰堂>柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで(産経新聞)
両親刺し母死なす、長男「働くように言われ」(読売新聞)