成田空港で22日、不法滞在で強制送還途中だったガーナ国籍の男性(45)が機内で暴れ、死亡する事故があり、成田国際空港暑は25日、司法解剖の結果、男性の死因は不明であると発表した。死亡につながる目立った外傷や病歴は確認されなかったという。

 同署の調べによると、男性は22日午後3時5分ごろ、出発直前の成田発カイロ行きエジプト航空965便の機内で暴れ、東京入国管理局の職員に取り押さえられたが、その際急にぐったりし、病院に搬送されたがまもなく死亡が確認されたという。現場には護送のため10人の職員が付き添っていた。

【関連記事】
強制送還のガーナ人死亡 機内で暴れ、入管職員が制止
比国人ニューハーフ3人、日本で結婚していた
指紋偽装し不法入国 容疑の韓国人女2人逮捕
「指は中国で手術した」 生体認証破った女が供述
生体認証破り入国 入管法違反容疑で中国人の女逮捕

花会式前にお身拭い 奈良・薬師寺(産経新聞)
パラマウント誘致にご執心 橋下知事が怒鳴りつけた相手とは…(産経新聞)
<監禁致死>「止めて」懇願無視 運転の男起訴 名古屋地検(毎日新聞)
普天間政府案、首相は月内一本化こだわらず(読売新聞)
東大 2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)