小説「小伝抄(こでんしょう)」で直木賞を受賞した作家、脚本家の星川清司(ほしかわ・せいじ、本名・星川清=きよし)さんが、肺炎のため平成20年7月25日に死去していたことが分かった。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。

 星川さんは東京都生まれ。脚本家としては市川雷蔵主演の「眠狂四郎」シリーズなどを手がけた。

 家族によると、大正15年10月27日生まれと公表してきた生年月日は、じつは大正10年で、亡くなったのは86歳だった。平成2年に直木賞を受賞したときは68歳で、古川薫さんが持っている受賞最年長記録より年長だったことになる。星川さんは家族に、自身の死を公表しないように伝えていた。大正15年生まれの妻に「運が強いから大正15年生まれをもらうよ」と語っていたという。

【関連記事】
直木賞作家の海老沢泰久さん死去
「動脈列島」の企業小説家、清水一行さん死去
作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒-風聞・田中正造」など
向田邦子さん肉声テープ公開
作家、栗本薫さん収集、武部本一郎の原画など約100点寄贈

核なき世界へ「大きな一歩」=核不使用、ルール化に努力-岡田外相(時事通信)
千葉県夷隅・安房に大雨・洪水警報を発令(読売新聞)
元朝青龍の主治医・本田医師1億所得隠し指摘(読売新聞)
<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
6大臣との面談実現せず「大変遺憾」―B型肝炎原告団(医療介護CBニュース)