ずれている個人主義批判
個人主義批判が講義にて行われることが多いが、私はこの個人主義の批判がまったく的を射ていないものだと考える。
そもそもキリスト教では、「各個人が神の子供である」「それぞれが神から愛されている」という「個の自覚」があり、その自覚が自分だけでなく同じ人間に適用されることから神の元の兄弟姉妹の愛があるのではないか。これはまさしく、自分が「個人」という1単位で尊重されるように他人も尊重する個人主義そのものである。

個人主義を批判する講義・礼拝を聞くとそのほとんどは「自己中心になってはいけない」と言う主張がコアにある。はっきり言おう。これは個人主義ではなく利己主義である。自己中心=利己主義であるのになぜか個人主義と結びついてしまっているのだ。 

消える全体主義的な信仰
個人主義のついに存在するのは一般的に全体主義だと言われる。
個人主義が批判される今、(まぁこの批判はずれているところがあるのだけれども)教会は全体主義へと向かおうとしているのだろうか?
 
草創期ではそもそもの「個人」に目は直接的には向けられず、摂理という全体目的を果たす中で個体目的も達成される。。そんな信仰感であった。
それが昨今ではどうだろう?天一国宣教という公的な資金で行われるものでさえ個人の教育という個人主義的な目的が重要視されている。今本部の方針さえも摂理という全体主義的なものと、個人の自由・教育という個人主義的なものがごっちゃになって、傾向としては個人主義的な方向へと向かっているように思う。全体として摂理への緊迫感がなく、団結力にイマイチかけるのもそういった理由からだろう

全体主義への転換を
この記事では、はじめに自己中心の批判として「個人主義」を持ち出すのは違うという話から、偶然にも現在本当の意味での「個人主義」的なものに教会が傾きかけているということを伝えた。

私はいまこそ「個人」なんていう甘っちょろいものを排除して、摂理という「全体主義的な方針」へとシフトするべきだと考えている。そもそも、摂理の中だと自分という個人が満たされないと考えていること自体が間違いではないか?私たちの周りを取り巻く「環境」とのマッチング自体が運命的なものである以上、どんなことをしていようとも天によって教育されているのが私たちではないだろうか。




↓ランキングやってます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加

宣教に行くのは「教育」のため?

天一国宣教師と話した。彼はいった。「お母様の願いに答えたい。宣教で教育されてくるよ」
願いに答えたいというのは分かる。がしかし、自身が教育されることを大きな目標として行く宣教とは何なのか?それは「英語を習得したいから」といった理由で宣教へ行くのと同レベルではないか?
本部もほとんど同じ様な見解らしい。宣教によって教育され、日本に戻ってきて伝道をしてもらいたいらしい
 
私の母は宣教師だった。母は宣教へ自分の教育を目的として行ったわけではない。日本が母の国である為、自国よりも他の国を愛するために行っていた。摂理という全体目的をなすために動いていた。そして全体目的のために動く中で自然と天に与えられるその時々の環境によって「教育」されていた。
教育は重要である。しかし、母が子のことよりも母親自身の事ばかり考えていて良いのだろうか?天一国宣教師のみならず、日本に産まれた以上母の国としての自覚を持つべきである。
いま日本の家庭連合の財産は何か。それは一般経済と同じく「海外への先行投資」であると私は考える。それらが日本への「心情的なインカムゲイン」となっていると私は思う。日本に感謝する全世界食口が多いのは、日本が日本をかえりみず世界の為に生きていたからではないか?先代たちはまさしく天に宝を積んでいた。

天一国宣教師において、宣教師自身の事ばかり、日本の事ばかりに集中するのはやめにしないか?いまや支援金も出てる。本来なら昔以上に公的な意識を持たなければならないはずである。
天一国宣教をただの教育の一貫とするならば、それは宣教国を「救うべき子女(または兄弟)の国」としてではなく「教育上のロケーション」としてしか見ていない事になるのではないか?
天一国宣教に行った方は宣教国への愛着が湧いたはずである。ぜひ宣教師には宣教国の事を引き続き見てもらいたいと思う。地区のことがあると言い訳をするのではなくどちらもやるのだ。

 Mediumで書いた記事です


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会 批判・告発へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

サマリー

・東大CARP勉強しろよ

・知→情→意 の順序で起きる

・「心情」と「情緒」を混同させるな

 

東大CARPのつぶやきが気になった。  



 

blog.livedoor.jp

サイト内に乗っている提出文章の画像は以下のとおり。

https://livedoor.blogimg.jp/todaicarp/imgs/b/d/bd551732.jpg

東大CARPは2枚の提出文章を書いているのだが、私が気になったのは、この一枚目の文章「2.(1)貴大学学生支援課の見解」の「①過去に原理研究会(CARP)に入った学生が大学に来なくなる等、通常の学業や学生生活ができなくなることが多くあった」という一文。

 

正直、この指摘されていることを知れば、教会内の2世たちの支持も得られないだろうと思う。中高生時代にあれだけ「学業で神を証しする」と言っておきながら、大学に入ってから勉強しないのはおかしいだろう

 



 

さらに現在、UNITEなどで活動している2世は「東大出身」であることを武器にしている。であるならば尚更学問に集中するべきだろう。教会では「知」よりも「情」を重視する傾向にあるが、「知」あってこその「情」である。これについては後ほど違うエントリーで述べようと思う。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ