知的障害の程度を過小評価され、障害基礎年金の支給を拒否されたとして、滋賀県内の知的障害者6人が不支給決定の取り消しを求めた訴訟で、厚生労働省は2日、訴えを認めた先月19日の大津地裁判決について、控訴を断念することを決めた。
 同省年金局事業管理課は「原告らの個別の症状について、事実認定で争うのは困難と判断した」としている。 

【関連ニュース】
「最低保障年金」の具体化に期待=社会保障で政府に協力姿勢
「勉強見る」と浴室でわいせつ行為=NPO副理事長逮捕

<列車事故>特急とトラック衝突 乗客ら24人けが 北海道(毎日新聞)
<普天間移設>中旬にグアム基地視察へ 政府・与党検討委(毎日新聞)
郵便不正事件 厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
両陛下、メキシコ大統領夫妻と会見(時事通信)
鹿児島と長崎 副振動が発生 民家浸水や国道冠水(西日本新聞)