以前交際していた女性の夫に嫌がらせメールを繰り返し送り付けたとして、大手化粧品メーカー「ノエビア」(東京)前副社長大倉尚容疑者(43)がストーカー規制法違反容疑などで逮捕された事件で、女性本人にも嫌がらせメールを送っていた疑いが強まったとして、兵庫県警が23日にも同容疑者を再逮捕する方針を固めたことが同日、捜査関係者への取材で分かった。
 県警によると、大倉容疑者は2009年10月から11月ごろまで、元交際相手の20代女性の携帯電話やパソコンに約100件のメールを送り、「会いたい」「返事くれ」などと返信を要求した疑いが持たれている。
 また、交際していた時の2人の写真も添付し、「ばらまく」などと脅した疑いも持たれている。
 大倉容疑者は女性が交際を断って結婚した後に女性と夫に嫌がらせメールを送り始めたという。女性が今年1月、県警に告訴していた。 

【関連ニュース】
「相談はすべて記録」徹底を=対応しない事案でも
逮捕のノエビア副社長が辞任
ノエビア子会社常盤薬品工業とは「別会社」=常盤薬品
ノエビア副社長を逮捕=女性の夫に嫌がらせメール
住宅など13棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も

首相動静(2月24日)(時事通信)
<訃報>吉田喜市さん89歳=元飛島建設副社長(毎日新聞)
与謝野晶子の自筆原稿をインターネット上で公開 (産経新聞)
審議拒否で執行部批判=舛添氏(時事通信)
架空債権36億円詐取容疑、消費者金融元社長ら逮捕 流動化取引悪用で初立件(産経新聞)