厚生労働省は30日、75歳以上が対象の後期高齢者医療制度で、4月からの1人当たりの年間保険料が全国平均で2・1%(1300円)引き上げられ、6万3300円となるとの試算を発表した。

 保険料は2年ごとに改定され、4月からは高齢化の進展で10%以上引き上げられるとみられていたが、都道府県の基金取り崩しなどで保険料の上昇を抑えた。

 都道府県別では、31都道府県で引き上げとなるが、15県は引き下げとなり、和歌山は増減なしだった。

【関連記事】
約1400人分の保険納付額少なく記載 愛媛
高齢者医療制度改革 4試案いずれも一長一短
長妻厚労相、指示1000件超「細かすぎる」
24万人の通知に誤記載 岡山の高齢者医療広域連合
協会けんぽの後期高齢者医療費「肩代わり」案 健保連が反対行動
あれから、15年 地下鉄サリン事件

東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
セクハラ相談員がセクハラ!酔ってキス強要(スポーツ報知)
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件-神戸区検(時事通信)
北沢防衛相が仲井真沖縄知事と会談=普天間移設めぐり(時事通信)
<蘭越母子殺傷>被告が控訴 無期懲役判決に不服(毎日新聞)