厚生労働省は7日、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や幼稚園、保育所が、3月28日~4月3日の1週間で0施設だったと発表した。

 休校などがまったくなかったのは、新型インフルエンザの流行後初めてで、厚労省は「新型が沈静化したことと、学校が春休み中であることが影響している」と説明している。

 厚労省によると、昨年同時期は季節性インフルエンザが流行中で、同年3月22~28日の1週間で55施設が休校などの措置を取っている。昨年10月25~31日には、過去最多の1万7822施設が休校などの措置を取った。

マンション火災、重体の父死亡=川崎(時事通信)
法務省看板に朱色墨汁=男の身柄確保-警視庁(時事通信)
年収の3分の1以上、私大新入生費用の割合、過去最高(産経新聞)
<大学入試センター>民営化検討の考え示す…枝野担当相(毎日新聞)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)