不当に低い人事評価を受けて昇給が遅れたとして、東京都世田谷区立小学校の男性教諭(57)が、都や区を相手取り、都人事委員会による昇給延期措置の取り消しなどを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。

 青野洋士裁判長は「授業を継続的に観察せずに誤った評価をした」などとして、措置の取り消しと慰謝料など約13万円の支払いを命じた。

 原告側の代理人弁護士によると、人事評価の誤りを認めた判決は異例という。

 判決によると、教諭は同区が運営する神奈川県三浦市の病弱児向けの教育施設に勤務していた2004年度に5段階のうち下から2番目の「C」評価を受け、定期昇給が3か月間遅れるなどした。教諭は05年8月、都人事委員会に昇給を延期しないよう求めたが、08年3月に棄却された。

 判決は、同施設側が教諭の授業を2回しか見ていないと指摘し、「授業の進め方に問題がある」などとした評価は誤りとした。教諭が校長の面接指導を受けるなど精神的苦痛を受けたと認めた。

 教諭の請求を退けた同委員会の判定についても「事実把握が不十分」とした。判決後、同委員会は「判決内容を精査し、対応を検討していきたい」とのコメントを出した。

将棋元名人に餌やり中止命令=集合住宅野良猫訴訟―東京地裁支部(時事通信)
「ただ風呂」入ろう…京大病院の患者用浴室に侵入(産経新聞)
アスベスト訴訟 国の不作為認定焦点 19日判決(産経新聞)
値引き要求防止で通知=コメ戸別補償めぐり―農水省(時事通信)
6月実施見送りの公算=批判噴出、参院後の可能性も-高速新料金(時事通信)