19日午前10時頃、長野県大町市の北アルプス・鹿島槍ヶ岳(2889メートル)で、標高約2000メートルの東尾根を下山中の福井県大野市清和町、大野・勝山地区広域行政事務組合職員の近藤真理子さん(55)が滑落した。

 近藤さんは尾根から約400メートル下で県警ヘリに収容されたが、既に死亡していた。

 大町署の発表によると、近藤さんは足を滑らせたとみられる。近藤さんは18日に仲間2人と入山していた。

【高速道路新料金】また見直しか!(レスポンス)
新たなヒト幹細胞開発=神経、筋肉、肝臓に変化-安全な再生医療期待・東北大と京大(時事通信)
日本人の「空港難民」1万人 苦難をツイッターで実況(J-CASTニュース)
ビアガーデンがオープン 地産地消メニューも 栃木(産経新聞)
高速新料金再見直し「無料化と矛盾させない」と首相(産経新聞)