平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターから銃撃された事件に関し、1月30日に上月豊久駐ロシア臨時代理大使からロシア外務省のガルージン第3アジア局長に対し、口頭で厳重抗議したと明らかにした。

 抗議は▽ロシア側の対応は人命損失につながりかねず不適切▽領土問題での日本の立場、北方四島周辺における安全操業協定の趣旨をないがしろにする行為につながりかねない▽再発防止の徹底を求める--との内容。

 平野氏は「言い分が日露双方で違うので検証しなければならないが、銃撃で船体に被弾するのは極めて人命にとって問題だ」と述べた。【横田愛】

【関連ニュース】
漁船銃撃:被弾の2隻、弾痕を隠す 事実を隠ぺいか
国後沖:「停船要求無視」露が射撃認める
国後沖:露ヘリが日本漁船に照明弾
日露外相会談:領土問題、認識の差埋まらず
ロシア:「不法占拠」見解で抗議集会 北方領土めぐり

節分 福豆に1万5000人 大阪・成田山不動尊(毎日新聞)
火災 群馬で店舗全焼…焼け跡から遺体(毎日新聞)
長野で盗まれた腕時計も=香港で起訴の男ら所持-警察当局(時事通信)
政府「検察リーク」重ねて否定(産経新聞)
【日本人とこころ】福田恆存と孤独(上)「日本にも天がある」(産経新聞)