セキュリティーソフト会社「シマンテック」は、全国の4700人を対象に「インターネット利用時の防犯意識と実態」について調査を行い、県民性を分析した。それによると、ネット犯罪被害に最もあいにくいのは「堅実」で「情報に敏感」な奈良県民。逆に、ネット犯罪にあう可能性が最も高いのは「好奇心が旺盛で流行(はや)りものに飛びつく」香川県民と、「衝動的な言動が多い」秋田県民-としている。

医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議(医療介護CBニュース)
国会 24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席(毎日新聞)
<夕張市>カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
都教委、都立高で近現代史特化の科目「江戸から東京へ」を導入へ(産経新聞)
「環境に優しい球場」甲子園に太陽光発電パネル(読売新聞)