民主党の渡部恒三・元衆院副議長は21日、名古屋市内で講演し、小沢幹事長の進退について、「私は小沢君に辞めろなどという資格はないし、今の言動を見ていると死んでも辞めない。今のところ、鳩山(首相)・小沢体制で(参院選に)臨むしかない」と語った。

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題については「どうしても候補地がない場合は、『沖縄のみなさん、特例法も作りますから』とおわびして許してもらうこともあり得る。適当な地域を見つけられなければ『勘弁して下さい』ということで、内閣が総辞職しなければならないことにはならない」と述べ、県内移設もやむを得ないとする考えを示した。5月末までに決着できなければ首相退陣につながるとした先の発言を軌道修正したものだ。

JR西の歴代3社長を強制起訴 福知山線脱線106人死亡事故(産経新聞)
有床診入基料の施設基準に係る届け出期限、26日まで延長―厚労省(医療介護CBニュース)
仙谷氏の衆参同日選発言 閣僚から批判相次ぐ(産経新聞)
高校球児が強盗未遂男を“キャッチ”(産経新聞)
<事業仕分け>傍聴者「大幅削減に期待」(毎日新聞)