福岡県警が県内にチェーン展開するコンビニエンスストア9社に対し、暴力団を取り扱った雑誌などを販売しないよう要請し、うち大手6社が販売中止を決めたことが25日、分かった。4月から県暴力団排除条例が施行されるのを前に、撤去要請に踏み切ったという。県警は「規制ではなくお願いで、販売中止は各社の自主的な判断だ」としている。 

【関連ニュース】
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加
暴力団対策部を新設=全国2番目

「サプリ」「健康食品」 子どもの1割が使用している(J-CASTニュース)
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
三菱鉛筆がこすると消せるボールペン、一定の温度で消えるインク使用。
突然の炎に数分間包まれる…野焼き3人死亡(読売新聞)
券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)