米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、日米両政府は22日、(1)米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)沿岸部に滑走路を建設する(2)一部の基地機能の沖縄県外移転を検討すること-などで大筋合意した。具体的な滑走路の建設場所や建設工法に、秋ごろまで最終的決定するとし、今月末に共同文書として発表する。ただ、今回の合意は現行案の微修正という色彩が濃く、県外・国外移設を求めてきた沖縄県側の反発は必至。連立与党の社民党の反対も確実で、日米政府の合意通り、決着するかは流動的だ。

【関連記事】
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ
輿石議員会長、鳩山首相の沖縄再訪に「大変いいことだ」
「政権として反省を」 普天間問題で、民主・安住氏
普天間合意文書で岡田外相とルース大使会談
【鳩山政権考】さながら「オール無責任政権」
中国が優等生路線に?

国民新・下地氏「首相引責を」 月内に日米不合意で(産経新聞)
床に長女たたきつける 傷害容疑で母親逮捕(産経新聞)
大卒就職率91・8%、過去2番目の低さ(読売新聞)
両陛下が神奈川県へ 全国植樹祭にご出席(産経新聞)
高度医療の新規2技術を承認―先進医療専門家会議(医療介護CBニュース)