仙谷由人国家戦略担当相は14日午後、菅直人副総理兼財務相が消費税を含む税制抜本改革の論議を3月から始めると表明したことについて、「常時議論すべきだと言っている」と述べ、早期に検討すべきだとの考えを改めて強調した。
 消費税引き上げの結論を出す時期については「消費税問題は年金、医療、介護をどこまで提供するのかと関係するわけだから、そう簡単な話ではない」と明言を避けた。新潟県上越市で記者団に語った。 

勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野-総務省(時事通信)
<殺人未遂>男子高校生刺した容疑 男から事情聴取 徳島(毎日新聞)
薬害再発防止へ第三者機関の枠組みまとまる 行政機関への調査権限(産経新聞)
<ボクシング>亀田大毅戦の視聴率19%(毎日新聞)
石川議員、午後に離党届(時事通信)