防衛省統合幕僚監部は13日午前、中国海軍のキロ級潜水艦2隻、ソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦2隻など計10隻が10日夜、沖縄本島の西南西約140キロの公海を東シナ海から太平洋に向けて通過したことを発表した。近年、これほど大規模な活動はまれだという。

 防衛省によると、中国人民解放軍の機関紙が、中国海軍「東海艦隊」による東シナ海での大規模な合同訓練の実施を発表していた。7日から9日まで東シナ海中部海域で艦載ヘリコプターの飛行訓練などを行ったことを確認。沖縄本島と宮古島の間を通過後は、沖縄南方海域で11日、補給艦による洋上補給が実施された。

 また、8日には警戒・監視にあたった海上自衛隊護衛艦「すずなみ」に艦載ヘリが約90メートルまで接近した。

 北沢俊美防衛相は13日午前の記者会見で「公海だが、今までになかった事態だ。詳細な分析をし、わが国に対する意図があるのかないのかを含め、調査したい」と語った。

【関連記事】
中国の台湾攻略作戦 米国防次官補代理が証言
にじむ中国への配慮 米、対話の必要性を強調
中国の軍拡に警鐘、「二正面作戦」見直し 米戦略指針
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
【軍事情勢】船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体

2歳男児虐待死で元少年を起訴 大阪地検(産経新聞)
<派遣法改正案>見直し求め労働者らが座り込み(毎日新聞)
スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か-成田空港(時事通信)
「会社に不満」殺害認める 一家3人遺棄容疑 社員ら4人逮捕(産経新聞)
巨大日本庭園7月完成 トルコに築く友好の心(産経新聞)